電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-05 14:20
マルチエージェントシステムに基づくイベント会場の参加者の流れのモデル
前沢郁哉三堀邦彦拓殖大
抄録 (和) 本稿は、マルチエージェントシステムに基づくイベント会場の参加者の流れの新しいモデルを提案する。イベント会場には、参加者とブースが存在する。ブースは参加者にサービスを提供する。参加者はブースを巡回し、人気のあるブースのそばに列を作る。我々は歩行する参加者とブースの列との相互作用を考慮する。歩行する参加者は視界を持ち、それが動的に長さを変える列との衝突を避けるうえで重要な役割を果たす。我々のモデルの振る舞いは、簡単な例題を用いた計算により示される。 
(英) This paper proposes a model of the participant stream in event site, based on Multi-Agent System. The event site has the participants and the booths. The booth provides the service for the participant. The participants go around the booths, and they form the queues besides the popular booths. We consider the interaction between the walking participant and the queue. The walking participant has a field of view, and it plays an important role to avoid the collision with the queue whose length changes dynamically. The behavior of our model is demonstrated by the calculation using a simple example.
キーワード (和) マルチエージェントシステム / イベント会場 / 参加者の流れのモデル / 行列 / / / /  
(英) Multi-Agent System / Event Site / Participant Stream Model / Queue / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 117, NLP2012-42, pp. 23-28, 2012年7月.
資料番号 NLP2012-42 
発行日 2012-06-28 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-07-05 - 2012-07-06 
開催地(和) 鹿児島県産業会館 
開催地(英) Kagoshima Sangyou Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチエージェントシステムに基づくイベント会場の参加者の流れのモデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Novel Participant Stream Model in Event Site Based on Multi-Agent System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチエージェントシステム / Multi-Agent System  
キーワード(2)(和/英) イベント会場 / Event Site  
キーワード(3)(和/英) 参加者の流れのモデル / Participant Stream Model  
キーワード(4)(和/英) 行列 / Queue  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前沢 郁哉 / Ikuya Maezawa / マエザワ イクヤ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三堀 邦彦 / Kunihiko Mitsubori / ミツボリ クニヒコ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-05 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-42 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2012-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会