電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-05 12:55
線形予測とリストを用いたカオス制御
宮地佑典伊藤大輔上田哲史徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告は,線形予測モデルと入出力のデータリストを用いた状態予測カオス制御法を提案する.
線形予測モデルは将来の値をそれまでの時系列データより線形写像として予測する手法であり,線形確率過程から生成される時系列の予測に非常に適している.この手法をカオス制御に応用し,予測値を用いたカオス制御を実現する.しかし,線形
予測モデルはカオスのような非線形システムから生成される時系列を予測するのに適していない.つまり,非線形性の強い時系列予測では予測精度が著しく低下し,制御性能に影響を及ぼす.そこで,入出力の組み合わせデータをリストとして保存しておき,非線形性の強い部分ではリストを用いて状態予測する.これにより,非線形性の強い部分においても精度よく未来の状態を予測することができ,制御性能の向上が期待できる. 
(英) In this study, we propose a chaos controlling with a linear prediction and lists. A linear prediction model is the technique that can predict the future state of systems by using past states. It is suitable for the prediction of time series. We apply this for a chaos controlling, and propose the chaos controlling by using prediction value. However, a linear prediction model is ruled unfit to predict of nonlinear systems like chaos. Thus, in highly non-linearity systems, the prediction accuracy become diminished and performance of controller negatively affect. So, The return value of target systems is kept as lists and list data is used for the controlling in highly non-linearity region. By this way, even if the systems has highly non-linearity,our controller can be stabilized from chaos, and can be improved the performance.
キーワード (和) カオス制御 / 線形予測モデル / / / / / /  
(英) controlling chaos / A linear prediction / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 117, NLP2012-39, pp. 7-12, 2012年7月.
資料番号 NLP2012-39 
発行日 2012-06-28 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-07-05 - 2012-07-06 
開催地(和) 鹿児島県産業会館 
開催地(英) Kagoshima Sangyou Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形予測とリストを用いたカオス制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Controlling Chaos by linear prediction and data lists. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス制御 / controlling chaos  
キーワード(2)(和/英) 線形予測モデル / A linear prediction  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 佑典 / Yusuke Miyaji / イトウ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / ウエタ テツシ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 哲史 / Tetsushi Ueta /
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-05 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-39 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2012-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会