お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-07-03 16:10
時間付き離散事象システムにおける分散スーパバイザ構成のための部分言語の計算方法
野村雅司高井重昌阪大CAS2012-28 VLD2012-38 SIP2012-60 MSS2012-28
抄録 (和) 本稿では,時間付き離散事象システムにおける分散スーパバイザ制御について考察する.ここで,可制御事象の許可に関するローカルスーパバイザの判断の統合のためにはOR ルールを,強制可能事象の強制に関するローカルスーパバイザの判断の統合のためにはAND ルールを適用する.これらのルールの下で,与えられた制御仕様を満足させる分散スーパバイザが存在するための必要十分条件は従来研究の結果から容易に得ることができる.与えられた制御仕様を表す言語がこの存在条件を満たさない場合,存在条件を満足するようなその部分言語を計算する必要がある.そこで,本稿では,ある仮定の下でそのような部分言語を計算する方法を提案する. 
(英) In this paper, we study decentralized supervisory control of timed discrete event systems, where we adopt the OR rule for fusing local enablement decisions and the AND rule for fusing local enforcement decisions. Under these rules, necessary and sufficient conditions for the existence of a decentralized supervisor that achieves a given specification language are easily obtained from the existing result. If a given specification language does not satisfy these existence conditions, we must compute its sublanguage satisfying them. The main contribution of this paper is proposing a method for computing such a sublanguage under a certain assumption.
キーワード (和) 時間付き離散事象システム / スーパバイザ制御 / 分散制御 / 強制可能事象 / / / /  
(英) timed discrete event system / supervisory control / decentralized control / forcible event / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 116, MSS2012-28, pp. 149-154, 2012年7月.
資料番号 MSS2012-28 
発行日 2012-06-25 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2012-28 VLD2012-38 SIP2012-60 MSS2012-28

研究会情報
研究会 VLD CAS MSS SIP  
開催期間 2012-07-02 - 2012-07-03 
開催地(和) 京都リサーチパーク 
開催地(英) Kyoto Research Park 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2012-07-VLD-CAS-MSS-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 時間付き離散事象システムにおける分散スーパバイザ構成のための部分言語の計算方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computation of Sublanguages for Synthesizing Decentralized Supervisors for Timed Discrete Event Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間付き離散事象システム / timed discrete event system  
キーワード(2)(和/英) スーパバイザ制御 / supervisory control  
キーワード(3)(和/英) 分散制御 / decentralized control  
キーワード(4)(和/英) 強制可能事象 / forcible event  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 雅司 / Masashi Nomura / ノムラ マサシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 重昌 / Shigemasa Takai /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-07-03 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2012-28,IEICE-VLD2012-38,IEICE-SIP2012-60,IEICE-MSS2012-28 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.113(CAS), no.114(VLD), no.115(SIP), no.116(MSS) 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-06-25,IEICE-VLD-2012-06-25,IEICE-SIP-2012-06-25,IEICE-MSS-2012-06-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会