お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-29 09:30
自然言語の分子構造 ~ 意識の脳室内免疫応答仮説 ~
得丸公明システムエンジニアNLC2012-1 PRMU2012-21
抄録 (和) 言語はデジタル・ネットワーク・オートマタであり,音節が論理的に機能する.概念と文法による意味操作は,低雑音環境である脳幹網様体と脳室内脳脊髄液中の免疫細胞との抗原抗体反応によって実行されているようである.現生人類だけの特徴としては,論理層上で複雑な論理概念を用いるところにあるが,これも単純な生得的論理操作を繰り返すことで(フラクタルに)えられる. 
(英) Language is Digital Networked Automata where Syllables work as logical units. Its conceptual and grammatical semantic operations seem to be performed by immune cells inside low-noise environment of Ventricular System as Antigen-Antibody responses. The uniqueness of modern human is the ability to operate complex scientific concepts in the logical layers, attained by multiplexing simple innate logical operations.
キーワード (和) 言葉の起源とメカニズム / ホイソンズプールト / 抗原抗体反応 / 文法的量子ルーティング / 脳脊髄液 / 脳室システム / 脳幹網様体 / 複雑な論理概念  
(英) Origin and Mechanism of Language / Howiesons Poort / Antigen-Antibody Responses / Grammatical Quantum Routing / Cerebrospinal Fluid / Ventricular System / Brainstem Reticular Formation / Complex Logical Concept  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 111, PRMU2012-21, pp. 1-6, 2012年6月.
資料番号 PRMU2012-21 
発行日 2012-06-22 (NLC, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2012-1 PRMU2012-21

研究会情報
研究会 PRMU NLC  
開催期間 2012-06-29 - 2012-06-29 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 自然言語とパターン認識の境界 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-06-PRMU-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自然言語の分子構造 
サブタイトル(和) 意識の脳室内免疫応答仮説 
タイトル(英) The Molecular Structure of Natural Language 
サブタイトル(英) An Immune Response Hypothesis Inside Ventricles for Consciousness 
キーワード(1)(和/英) 言葉の起源とメカニズム / Origin and Mechanism of Language  
キーワード(2)(和/英) ホイソンズプールト / Howiesons Poort  
キーワード(3)(和/英) 抗原抗体反応 / Antigen-Antibody Responses  
キーワード(4)(和/英) 文法的量子ルーティング / Grammatical Quantum Routing  
キーワード(5)(和/英) 脳脊髄液 / Cerebrospinal Fluid  
キーワード(6)(和/英) 脳室システム / Ventricular System  
キーワード(7)(和/英) 脳幹網様体 / Brainstem Reticular Formation  
キーワード(8)(和/英) 複雑な論理概念 / Complex Logical Concept  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 公明 / Kimiaki Tokumaru /
第1著者 所属(和/英) 衛星システムエンジニア (略称: システムエンジニア)
Satellite System Engieer (略称: System Engineer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-29 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-NLC2012-1,IEICE-PRMU2012-21 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.110(NLC), no.111(PRMU) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2012-06-22,IEICE-PRMU-2012-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会