お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-28 14:40
サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係: 2光子カルシウムイメージングによる検討
池添貢司森 理也阪大)・喜多村和郎東大)・田村 弘藤田一郎阪大NC2012-11
抄録 (和) 一次視覚野(V1)の神経細胞は方位選択性を持ち、方位選択性の強さは細胞によって異なる。方位選択性細胞はその最適方位に従って皮質内で規則的に配列している。本研究では、サルV1で2/3層細胞の選択性の強さが細胞周辺の方位マップの構造、特に局所領域内の細胞が持つ最適方位の多様性と関係するかを検討した。本研究では、鎮痛不動化したサルにおいて方位刺激に対する個々の細胞の応答を2光子カルシウムイメージングで計測した。互いに似た最適方位を持つ細胞が集まる領域では様々な方位選択性をもつ細胞が集まっていたが、互いに異なる最適方位を持つ細胞が集まる領域では方位選択性の弱い細胞が集まっていた。この結果から、サルV1細胞の方位選択性は細胞周辺の方位マップと関係することが示唆される。 
(英) Neurons in primary visual cortex of monkey are orientation selective with various degrees of strength. They are arranged according to their preferred orientation in tangential dimension to the cortical surface and form orientation map. Here, we examined the relationship between the strength of orientation selectivity and location of the neuron in terms of local heterogeneity of preferred orientation in the map. We simultaneously monitored activities of individual neurons in response to gratings with various orientations by using calcium imaging techniques with a 2-photon microscope. Neurons in a heterogeneous region for preferred orientation showed weak or no orientation selectivity, whereas neurons in a homogenous region showed various degrees of orientation selectivity. Thus, orientation tuning strength of neurons is related to their position in the orientation map. This relationship should be a clue to understanding neural mechanisms for orientation selectivity.
キーワード (和) 霊長類 / 機能構築 / 2光子顕微鏡 / 一次視覚野 / 生体イメージング / / /  
(英) primate / functional architecture / 2-photon laser scanning microscope / primary visual cortex / in vivo imaging / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 108, NC2012-11, pp. 59-64, 2012年6月.
資料番号 NC2012-11 
発行日 2012-06-21 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2012-11

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO  
開催期間 2012-06-28 - 2012-06-29 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) OIST, Okinawa 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング、一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2012-06-NC-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係: 2光子カルシウムイメージングによる検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The relationship between local structure of orientation map and orientation selectivity of neurons in monkey V1 examined by 2-photon calcium imaging techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 霊長類 / primate  
キーワード(2)(和/英) 機能構築 / functional architecture  
キーワード(3)(和/英) 2光子顕微鏡 / 2-photon laser scanning microscope  
キーワード(4)(和/英) 一次視覚野 / primary visual cortex  
キーワード(5)(和/英) 生体イメージング / in vivo imaging  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池添 貢司 / Koji Ikezoe / イケゾエ コウジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 理也 / Yoshiya Mori / モリ ヨシヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜多村 和郎 / Kazuo Kitamura / キタムラ カズオ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 弘 / Hiroshi Tamura / タムラ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 一郎 / Ichiro Fujita / フジタ イチロウ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-28 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2012-11 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2012-06-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会