電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-27 13:00
広視野シースルーHMDによる情報提示のためのVR環境を用いた周辺視野の影響の調査
岸下直弘間下以大清川 清竹村治雄阪大
抄録 (和) 近年,超広視野且つウェアラブルな光学透過型ヘッドマウントディスプレイ(See-Through Head-Mounted Display)の開発が進められている.これが実現すれば,ウェアラブル拡張現実感(AR)システムにおいて周辺視野の利用が可能になる.しかし,AR環境において広視野を活かした情報提示に関する研究はほとんどなされていない.そこで本研究では広視野シースルーHMDの利用を想定し,周辺視野を有効活用した情報提示手法を検討した後,その有効性を没入型投影ディスプレイCAVEを用いたバーチャルリアリティ(VR)空間により評価する.情報提示手法としては,注釈対象に向かう紐付きの注釈をHMDの視野周縁付近に表示するというシステムを実装した.実験の結果,視野角を問わず,注釈対象の位置に重ねて注釈を表示する手法に比べ,視野周縁に注釈を移動することにより注釈対象の発見率は向上した.また視野角を問わず,注釈に点滅による誘目動作を行わせても発見率は向上しなかった. 
(英) Recently, wide field-of-view optical see-through head-mounted displays (HMD) have been studied. Wide-view HMDs will allow a user to use the peripheral vision in a wearable augmented reality (AR) system. However, there have been few studies on the information display methods that make use of the wide field-of-view in AR environments. In this study, a few type of information display methods are discussed and implemented that make good use of a wide field-of-view HMD, then the effectiveness of these methods are evaluated through a user study in a virtual environment using an immersive projection display, CAVE. With these methods, the corresponding annotation is presented near the border of the HMD's view with a line connected to a real target object which is out of the HMD's view.
Experimental results show that the proposed methods improve target discovery rates compared to a method that overlays annotations at their target positions, and annotations with blinking make little effect on target discovery rates regardless of viewing angle.
キーワード (和) AR / シースルーHMD / 周辺視野 / 誘目動作 / 情報提示 / CAVE / /  
(英) AR / See-through HMD / Peripheral visual field / Eye attractions / Information display policies / CAVE / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 106, MVE2012-23, pp. 85-90, 2012年6月.
資料番号 MVE2012-23 
発行日 2012-06-19 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2012-06-26 - 2012-06-27 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVRおよびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広視野シースルーHMDによる情報提示のためのVR環境を用いた周辺視野の影響の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of the Peripheral Visual Field for Information Display with a Wide Field-of-view See-through HMD using a Virtual Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AR / AR  
キーワード(2)(和/英) シースルーHMD / See-through HMD  
キーワード(3)(和/英) 周辺視野 / Peripheral visual field  
キーワード(4)(和/英) 誘目動作 / Eye attractions  
キーワード(5)(和/英) 情報提示 / Information display policies  
キーワード(6)(和/英) CAVE / CAVE  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸下 直弘 / Naohiro Kishishita / キシシタ ナオヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間下 以大 / Tomohiro Mashita / マシタ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 治雄 / Haruo Takemura / タケムラ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-27 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-23 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会