電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-27 11:15
VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究
大原寛司荒川卓也上田雅道木山 亮鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大
抄録 (和) VR展示では実物とは異なるスケールで展示物を提示できるが,スケールを変えた展示物に実スケールの音を付加することが必ずしも高いリアリティを生むとは限らない.そこで,本研究ではどのような動作音を付加すれば展示のリアリティが高まるか検証を行った.その結果,スケールに関わらず実物と同じ動作音を提示するとリアリティが高まること,動作音の要素の中でもリアリティに大きく寄与する要素が存在することを明らかにした. 
(英) Although a different scale from real thing can show a showpiece in Virtual Reality (VR) exhibition, adding the sound of a real scale to the showpiece that scale is changed does not necessarily induce a high reality. Therefore, in this study, we verified what kind of oeeration sound made the reality of exhibition increase. As a result, we revealed that the same operation sound as real thing increased the reality of exhibition without regard of the scale and that there were some elements which greatly contributed to the reality in the operation sound.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / スケール / 動作音 / デジタルミュージアム / / / /  
(英) virtual reality / scale / operation sound / digital museum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 106, MVE2012-22, pp. 79-84, 2012年6月.
資料番号 MVE2012-22 
発行日 2012-06-19 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2012-06-26 - 2012-06-27 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVRおよびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of the Relationship between the Scale in Virtual Reality and the Reality of Operation Sound 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / virtual reality  
キーワード(2)(和/英) スケール / scale  
キーワード(3)(和/英) 動作音 / operation sound  
キーワード(4)(和/英) デジタルミュージアム / digital museum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大原 寛司 / Hiroshi Ohara / オオハラ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 卓也 / Takuya Arakawa / アラカワ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 雅道 / Masamichi Ueta / ウエタ マサミチ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木山 亮 / Ryo Kiyama / キヤマ リョウ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi / ナルミ タクジ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-27 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-22 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会