電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-27 15:25
アンカーレス2自由度力覚提示装置を用いた広域VR物体の力覚提示
朴 成洙矢野博明岩田洋夫筑波大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では、2自由度アンカーレス力覚提示インタフェースによる可動範囲を超える大きなVR物体の提示手法を提案する。このインタフェースはパンタグラフマニピュレータ、パソコンから成る。パンタグラフマニピュレータはユーザの人差し指を固定する小さな指穴を持ち、直径8cmほどの可動範囲を持つ。装置を机等に固定しないためユーザの手により装置を自由に動かせ、センサーにより装置の移動を検出できる。これにより装置の可動範囲よりも大きな物体を触ることができる。本研究ではプロトタイプシステムを作成し、評価実験としてパンタグラフの可動範囲より大きな物体に触れる実験を行い、その効果について検証した。 
(英) This paper describes development of an anchorless 2 Degree of Freedom haptic interface using a pantograph manipulator for presenting 2-dimentional shapes of virtual objects. The interface consists of a haptic pantograph interface and a personal computer that displays images of a virtual environment. This haptic interface has a finger hole that holds a user’s index fingertip and has very small movable area. However the interface is not fixed on a desk so that the interface itself can be moved by the user’s hand. When the user aims to touch a place out of the interface’s working area, the user can touch there by moving the interface. Through experiments, the effectiveness of the interface, which can present shapes of huge virtual objects, is shown.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / アンカーレス / 2自由度 / マウス / / / /  
(英) Virtual Reality / Anchorless / 2DOF / Mouse / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 106, MVE2012-26, pp. 113-118, 2012年6月.
資料番号 MVE2012-26 
発行日 2012-06-19 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2012-06-26 - 2012-06-27 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVRおよびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンカーレス2自由度力覚提示装置を用いた広域VR物体の力覚提示 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 2 DEGREE OF FREEDOM ANCHORLESS HAPTIC INTERFACE FOR WIDE AREA SHAPE RECOGNITION OF 2D VIRTUAL OBJECT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) アンカーレス / Anchorless  
キーワード(3)(和/英) 2自由度 / 2DOF  
キーワード(4)(和/英) マウス / Mouse  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朴 成洙 / Park Seongsoo / パク ソンス
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 博明 / Hiroaki Yano / ヤノ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 洋夫 / Hiroo Iwata / イワタ ヒロオ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-27 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-26 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会