電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-27 13:25
画面内時間遅れが頭部搭載ディスプレイ使用者の視知覚に与える影響
土井崇史岐阜大)・毛利勇一セイコーエプソン)・早川雄一郎木島竜吾岐阜大MVE2012-24
抄録 (和) 頭部搭載型ディスプレイを用いたVR環境では時間遅れ問題が存在する.筆者らはReflex補償を提案し,実装により時間遅れの影響を極めて小さくできることを示している.ところが,時間遅れが小さな視覚環境では,頭部回転中に画像が歪んで知覚される「Shear Effect」が見いだされた.そこで,発生要因を解明すべく,表示継続時間・更新周期を変更可能なディスプレイを制作し,知覚実験により仮説検証を行った. 
(英) A time delay problem exists in the virtual environment using a head mounted display.We proposed Reflex compensation and it could reduce the effect of time delay to zero.
However, We perceived image distortion which is "Shear Effect" where time delay is small.We made a head mounted display which can change refresh rate and image holding time. And we performed hypothesis experiment.
キーワード (和) 時間遅れ / Shear Effect / ブラー / Reflex補償 / / / /  
(英) Time delay / Shear Effect / Blur / Reflex compensation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 106, MVE2012-24, pp. 91-96, 2012年6月.
資料番号 MVE2012-24 
発行日 2012-06-19 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2012-24

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2012-06-26 - 2012-06-27 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVRおよびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画面内時間遅れが頭部搭載ディスプレイ使用者の視知覚に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of raster scan and "in-frame" delay on visual perception when using head mounted display. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間遅れ / Time delay  
キーワード(2)(和/英) Shear Effect / Shear Effect  
キーワード(3)(和/英) ブラー / Blur  
キーワード(4)(和/英) Reflex補償 / Reflex compensation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 崇史 / Takashi Doi / ドイ タカシ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 勇一 / Yuichi Mori / モウリ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) セイコーエプソン株式会社 (略称: セイコーエプソン)
SEIKO EPSON CORPORATION (略称: SEIKO EPSON Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 雄一郎 / Yuichiro Hayakawa / ハヤカワ ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木島 竜吾 / Ryugo Kijima / キジマ リュウゴ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-27 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-24 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会