電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-26 16:00
画像スティッチングによるVAMの投影視野拡大
佐藤裕貴岐阜大)・小林繁治アビームシステムズ)・木島竜吾岐阜大)・寺島正己中部学院大MVE2012-17
抄録 (和) 筆者らは、実立体物スクリーンに画像を投影し、運動視により実物体内部に仮想
物体が埋まってようにみえる自由曲面投影ディスプレイを開発し、例えばバー
チャ解剖模型に応用している。しかし、1点からでの投影領域では、視野が狭い。
そこで投影領域を拡大すべく、複数台のプロジェクタからの投影をつなぎ合わせ
た。2次元画面の接合と異なり、立体像の接合には動的な領域分割が必要である
ことを示し、実現し、精度を検証した。 
(英) Authors have been developing so called Free Form Projection Display that project the computer generated image on the real object in arbitrary shape provides the sensation to the user as if the virtual object were embedded inside the semitransparent real object. One of the problem is that a projector covers only small portion of the real object. This paper discusses the method to stitch images from multiple projectors. To decide the valid area in image where each projector is in charge of, the projection frustum is devised by a plane in three-dimension space for the rendering.
キーワード (和) プロジェクションマッピング / スティッチング / / / / / /  
(英) Projection Mapping / Stitching / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 106, MVE2012-17, pp. 49-54, 2012年6月.
資料番号 MVE2012-17 
発行日 2012-06-19 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2012-17

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2012-06-26 - 2012-06-27 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVRおよびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像スティッチングによるVAMの投影視野拡大 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Projection view expansion of VAM using Picture Stitching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロジェクションマッピング / Projection Mapping  
キーワード(2)(和/英) スティッチング / Stitching  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 裕貴 / Hiroki Sato / サトウ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 繁治 / Shigeharu Kobayashi / コバヤシ シゲハル
第2著者 所属(和/英) アビームシステムズ株式会社 (略称: アビームシステムズ)
ABeam Systems,Ltd (略称: ABeam Systems)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木島 竜吾 / Ryugo Kijima / キジマ リュウゴ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺島 正己 / Masaki Terashima /
第4著者 所属(和/英) 中部学院大学 (略称: 中部学院大)
Chubugakuin University (略称: Chubugakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-26 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-17 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会