お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-23 16:10
文字形状および筆記時の行動的特徴を利用した受験者認証法の検討
金森春樹東京理科大)・古田壮宏奈良教大)・東本崇仁赤倉貴子東京理科大ET2012-18
抄録 (和) e-Testでは,「なりすまし」「カンニング」が容易であるため,それらを防止する方法が必要である.試験途中の「なりすまし」を発見するための方法として,筆記データを利用した逐次認証があげられる.
タブレットを用いたe-Testにおけるなりすまし防止の研究では,ペンの圧力や仰角,方位角などの行動的特徴のみを利用するものや,文字の形状などの静的データとタブレットで取得できる一部の行動的特徴に基づく動的データを利用するものなど,必ずしも取得可能な情報を効果的に利用できていない.そこで本研究では,より多くの静的及び動的データを利用した認証法の提案を行った.被験者29名から得られた筆記データをもとに提案手法を適用し,識別率により精度を評価した.静的データのみを利用した認証と,動的データのみを利用した認証と比較したところ,両データを組み合わせる本手法による認証では識
別率が改善されるという結果を得た. 
(英) It is easy for examinees to cheating and spoofing taking a test by e-Testing. We think it is necessary to prevent them. We assume a prevention of spoofing during tests, and research the authentication method using writing data. The research it prevent spoofing on the e-test are using dynamic data like pressure, an ascending vertical angle, an angle of direction and using static data like hand information and dispersed dynamic data. However, those researches have dropped the amount of information which can be used. So, in this research, we proposed the personal authentication method using static data and dynamic data. The proposal authentication method is applied to the writing data it obtained from 29 subjects. As a result, the discernment rate was 79.9\%. From this result, the validity of the proposed method was able to be shown.
キーワード (和) eテスト / 受験者認証法 / DPマッチング / 文字の重なり / 署名照合 / / /  
(英) e-Test / Examinee Authentication method / DP Matching / pile of character / Identification of the signature / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 104, ET2012-18, pp. 29-34, 2012年6月.
資料番号 ET2012-18 
発行日 2012-06-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2012-18

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2012-06-23 - 2012-06-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育・学習支援に対する新展開 / 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2012-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 文字形状および筆記時の行動的特徴を利用した受験者認証法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A discussion on an examinee authentication method based on features of writing and character 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) eテスト / e-Test  
キーワード(2)(和/英) 受験者認証法 / Examinee Authentication method  
キーワード(3)(和/英) DPマッチング / DP Matching  
キーワード(4)(和/英) 文字の重なり / pile of character  
キーワード(5)(和/英) 署名照合 / Identification of the signature  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 春樹 / Haruki Kanamori / カナモリ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 壮宏 / Takehiro Furuta / フルタ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良教育大学 (略称: 奈良教大)
Nara University Education (略称: Nara Univ. education)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東本 崇仁 / Takahito Tomoto / トウモト タケヒト
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤倉 貴子 / Takako Akakura / アカクラ タカコ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-23 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2012-18 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2012-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会