お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-23 16:50
発表の目的を考慮したプレゼンテーション・シナリオの構成支援
花植康一渡邉豊英名大ET2012-20
抄録 (和) プレゼンテーションでは,発表の目的や聴衆の背景知識,および発表時間によって,発表の進め方が異なる.我々はこうした様々な発表の条件に応じて,発表者がシナリオを構成できるようにすることを目指している.本稿では,発表内容の説明順序に焦点を当て,発表者が意図した進め方と発表時間に応じて,ストーリーを構成する手法を提案する.我々は発表者が日常的に表出,蓄積した断片的な考えのまとまりの存在を前提とし,これを知識片ネットワークとして定義する.提案手法では,発表者により指定された発表の進め方と時間,そして重要な知識片に基づいて知識片ネットワークを探索し,ストーリーを構成する.これを実現するために,我々は発表の進め方に関する発表者の意図を説明戦略として定義し,説明戦略に基づいて知識片ネットワークを探索する.さらに,知識片の記述量に応じて,個々の知識片に対する説明時間を推定する.以上の枠組みに基づいて発表に必要な知識片を選択,順序付けすることにより,発表者の意図に沿ったプレゼンテーション・シナリオの構成支援が可能となる. 
(英) We propose an intelligent-support method of composing presentation scenarios applicable to various situations. The situation of presentation varies according to various factors such as the goal, the background knowledge of the audience, and the time constraints. This report focuses on the process of story composition in presentation preparation. In our proposed method, a presenter constructs a story from pieces of ideas, which we call a knowledge fragment network, accumulated in his/her daily activity. We support the construction of a presentation strategy by selecting and ordering the knowledge fragments that are relevantly specified by the presenter as an important one. To achieve this, we introduce a presentation strategy. A presentation strategy is the intention of a presenter on how to unfold a story and what point to emphasize. We formalize the presentation strategy as a procedure for searching the knowledge fragment network. In addition, we estimate the time for explaining the content of a knowledge fragment. This approach enables a presenter to construct a story that reflects the presentation strategy and the time constraint from a small number of knowledge fragments specified by him/her.
キーワード (和) プレゼンテーション / シナリオ / ストーリー / 知識片ネットワーク / 説明戦略 / / /  
(英) Presentation / Scenario / Story / Knowledge Fragment Network / Presentation Strategy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 104, ET2012-20, pp. 41-46, 2012年6月.
資料番号 ET2012-20 
発行日 2012-06-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2012-20

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2012-06-23 - 2012-06-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育・学習支援に対する新展開 / 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2012-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発表の目的を考慮したプレゼンテーション・シナリオの構成支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Composition Support of Presentation Scenarios According to Presentation Situations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プレゼンテーション / Presentation  
キーワード(2)(和/英) シナリオ / Scenario  
キーワード(3)(和/英) ストーリー / Story  
キーワード(4)(和/英) 知識片ネットワーク / Knowledge Fragment Network  
キーワード(5)(和/英) 説明戦略 / Presentation Strategy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花植 康一 / Koichi Hanaue / ハナウエ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 豊英 / Toyohide Watanabe / ワタナベ トヨヒデ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-23 16:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2012-20 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2012-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会