お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 10:00
DFT-Precoded OFDMAにおける周波数領域等化を用いたときの各種多重法の周波数ダイバーシチ効果の検討
トウ煉軍東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・田岡秀和ドコモ欧州研)・○佐和橋 衛東京都市大RCS2012-59
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)において周波数領域等化器(FDE: Frequency Domain Equalizer)を用いたときの,Localized送信,Clustered送信,およびサブフレーム内周波数ホッピング(FH: Frequency Hopping)を適用した場合の周波数ダイバーシチ効果をブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)の観点から明らかにする.本評価では,ターボ符号の周波数領域のインタリーブ効果,すなわち周波数ダイバーシチ効果の評価尺度として,正規化周波数平均2乗共分散(NFMSV: Normalized Frequency Mean Square Covariance)を用いる.リンクレベルシミュレーション結果より,線形平均2乗誤差最小(LMMSE: Linear Minimum Mean-Square Error)基準のFDEを用いるDFT-precoded OFDMAにおいて,NFMSVがLocalized送信およびClustered送信に対する平均BLERの改善の観点から,周波数ダイバーシチ効果を精度良く近似できることを示す.そして,Localized送信の送信帯域幅およびClustered送信の全送信帯域内のクラスタ数を増大させることが,目標平均BLERを満たすための所要平均受信SNRの低減に有効であることを示す.さらに,サブフレーム内FHにおいて,FH間隔に対する周波数ダイバーシチ効果はNFMSVと相関が低く,FH間隔が比較的狭い場合に周波数ダイバーシチ効果は飽和することを示す. 
(英) This paper presents frequency diversity effects of localized transmission, clustered transmission, and intra-subframe frequency hopping (FH) using frequency domain equalizer (FDE) for Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA). In the evaluations, we employ the normalized frequency mean square covariance (NFMSV) as a measure of frequency diversity effect, i.e., randomization level of frequency domain interleaving associated with turbo code. Link-level computer simulation results show that frequency diversity is very effective in decreasing the required average received signal-to-noise power ratio (SNR) at the target average block error rate (BLER) according to the increase in the entire frequency region in the DFT-precoded OFDMA using linear minimum mean square error (LMMSE) based FDE. Moreover, we show that the NFMSV is an accurate measure of frequency diversity effect for localized transmission in terms of the average BLER and that the NFMSV for the entire frequency region also approximates the frequency diversity effect for clustered transmission well. Finally, we show that the effect of intra-subframe FH is saturated at the relatively narrow FH separation and that there is no close relationship between FH separation and the NFMSV for the intra-subframe FH.
キーワード (和) 移動通信 / シングルキャリアFDMA / 周波数ダイバーシチ / 正規化周波数平均2乗共分散 / Localized送信 / / /  
(英) Mobile communications / Single-carrier FDMA / Frequency diversity / NFMSV / Localized transmission / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 89, RCS2012-59, pp. 93-98, 2012年6月.
資料番号 RCS2012-59 
発行日 2012-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-59

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 函館市中央図書館 
開催地(英) Hakodate City Central Library 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおける周波数領域等化を用いたときの各種多重法の周波数ダイバーシチ効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Frequency Diversity Effects for Various Transmission Schemes Using Frequency Domain Equalizer in DFT-Precoded OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリアFDMA / Single-carrier FDMA  
キーワード(3)(和/英) 周波数ダイバーシチ / Frequency diversity  
キーワード(4)(和/英) 正規化周波数平均2乗共分散 / NFMSV  
キーワード(5)(和/英) Localized送信 / Localized transmission  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) トウ 煉軍 / Lianjun Deng / トウ レングン
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 秀和 / Hidekazu Taoka / タオカ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) ドコモ欧州研究所 (略称: ドコモ欧州研)
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH (略称: DOCOMO Europe Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-59 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会