電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 13:30
計算量を削減した自己組織型仮想網制御手法の評価
水元宏治荒川伸一小泉佑揮阪大)・島崎大作宮村 崇鎌村星平塩本公平平松 淳NTT)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 波長分割多重 (WDM)を用いたWDMネットワークにおいて、波長レベルでの信号処理を行い仮想網 (VNT)を構築し、その上にIPトラヒックを収容するIP over WDMネットワークが広く検討されている。我々の研究グループでは、トラヒック変動への適応性を有するVNTの制御手法として、制御システムがゆらぎと確定的な振る舞いによって駆動され、それらの2 つの振る舞いがVNT上の通信品質の状態を示すフィードバック値によって制御されるアトラクター選択を用いたVNT 制御手法を提案している。しかし、従来のアトラクター選択を用いたVNT制御手法では、制御対象となるネットワーク規模の増大とともにVNT算出までの時間が増大する。そこで、大規模ネットワークにアトラクター選択を用いたVNT制御を適用するために、計算量を削減したVNT制御手法を提案している。
本稿では、計算量を削減したVNT制御手法のトラヒック変動への適応性を評価する。計算機シミュレーションによる評価の結果、提案手法は、従来のアトラクター選択を用いたVNT制御手法と同程度の割合で制御目標を達成することがわかった。 
(英) Our research group has proposed a VNT control method that is adaptive to traffic changes. The method is based on a
dynamical system, called attractor selection, that models behavior where living organisms adapt to unknown changes in
their surrounding environments and recover their conditions. However, since our previously proposed VNT control method
relies on the centralized calculation of system variables, the computational overhead drastically increases as the size
of network increases. Then we have proposed a distributed calculation method to construct a virtual network
topology in IP-over-WDM networks. Our method is again based on the attractor selection model,
but the adaptavility has not been shown yet.
In this paper, we show our proposed method is adaptive to traffic changes. Evaluation results show that success rate of our method is almost same as one of our previously proposed VNT control method.
キーワード (和) 波長分割多重 / 波長ルーティング / 仮想網制御 / アトラクター選択 / / / /  
(英) Wavelength Division Multiplexing / Wavelength Routed Network / VNT Control / Attractor Selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 87, PN2012-8, pp. 37-42, 2012年6月.
資料番号 PN2012-8 
発行日 2012-06-14 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS OCS PN  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2012-06-NS-OCS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 計算量を削減した自己組織型仮想網制御手法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Distributed Control of Virtual Network Topologies by Using Attractor Selection Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波長分割多重 / Wavelength Division Multiplexing  
キーワード(2)(和/英) 波長ルーティング / Wavelength Routed Network  
キーワード(3)(和/英) 仮想網制御 / VNT Control  
キーワード(4)(和/英) アトラクター選択 / Attractor Selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水元 宏治 / Koji Mizumoto / ミズモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 大作 / Daisaku Shimazaki / シマザキ ダイサク
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌村 星平 / Shohei Kamamura / カマムラ ショウヘイ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 淳 / Atsushi Hiramatsu / ヒラマツ アツシ
第8著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata /
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2012-8 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.87 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会