お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 13:45
大規模コンテンツ配信事業者によるCDN導入状況判別法と国内における配信動向の分析
小林正裕亀井 聡斎藤 洋NTTIN2012-32
抄録 (和) 近年,Hyper Giantsと呼ばれる大規模コンテンツ配信事業者によるトラヒックが増加している.これらコンテンツ配信事業者は,コンテンツを効率良く配信するためのCDN(Contents Delivery Network)を自前かつグローバルに展開しており,そのサービスノードも多数のAS(Autonomous System)への配置を進めている.これらノードの増加はインターネットの構造に大きな影響を及ぼしつつあるが,国内における導入実態は不明であった.そこで,本稿ではCDNの動作を解析し,アクティブ測定によるCDN導入状況判別手法を提案する.そして,本手法を用いた大規模なモニタ調査により,国内ASにおけるCDN導入状況を明らかにした.調査結果より,国内へのCDN導入は,大規模ASだけでなく,小規模ASに対しても拡大していることがわかった. 
(英) Recently, the large scale contents providers’ traffic has been increasing. These contents provider deliver effectively their contents by using content delivery networks (CDNs). The CDNs are deployed globally and the CDN service nodes introduced many autonomous systems (ASs). It greatly affects the internet structure. However, the deployment status of the CDNs in domestic ASs is not revealed. Therefore, in this paper, we analyze the CDNs' behaviors, and propose a method to identify CDN introduction by using active measurement. In addition, we reveal the status by large scale monitoring survey. The results show that the deployment of CDNs spread rapidly in domestic ASs.
キーワード (和) トラヒック制御 / キャッシュ / コンテンツ配信ネットワーク / / / / /  
(英) Traffic Control / Cache System / Contents Delivery Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 88, IN2012-32, pp. 49-54, 2012年6月.
資料番号 IN2012-32 
発行日 2012-06-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-32

研究会情報
研究会 IN NWS  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 函館市民会館 
開催地(英) Hakodate-Shimin-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 品質制御,輻輳制御,信頼性技術,IPTV,コンテンツネットワーク,ネットワークソフトウェアおよび一般 
テーマ(英) Quality Controls, Congestion Control, Reliability Technology, IPTV, Contents Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-06-IN-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模コンテンツ配信事業者によるCDN導入状況判別法と国内における配信動向の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method to Identify CDN Introduction and an Analysis of Domestic Traffic Situation in Large Scale Contents Providers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒック制御 / Traffic Control  
キーワード(2)(和/英) キャッシュ / Cache System  
キーワード(3)(和/英) コンテンツ配信ネットワーク / Contents Delivery Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正裕 / Masahiro Kobayashi / コバヤシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 聡 / Satoshi Kamei / カメイ サトシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 洋 / Hiroshi Saito / サイトウ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-32 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会