お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 12:30
スケーラブルな複合イベント処理システムとその評価
磯山和彦小林佑嗣佐藤 正多賀戸裕樹喜田弘司吉田万貴子NECIN2012-29
抄録 (和) 本稿では我々が開発したスケーラブルなCEP(Complex Event Processing)システムであるSCTXPF (Scalable Context Platform)について,とくにシステムにおけるCEPルール分配アルゴリズムとその評価について述べる.SCTXPFはセンサネットワーク,自動車,携帯端末などのイベント発生源からのイベントを受信し,様々なサービス/アプリケーションからの処理要求(=CEPルール)を受け付け,それらを基にユーザ,モノ,コトのコンテキストを検出し,サービス/アプリケーションに通知する.SCTXPFでは,Event Processor (EP)を並列配置し,CEPルールを各EPに分散配置することにより,CEP処理の負荷分散を実現する.SCTXPFでは,大規模スケーラブルに動作するために,CEPルールは効率的に分配されなければならない.本稿で提案するルール分配アルゴリズムは,CEPを行うために必要なステートが効率的に管理されるように,CEPルールを各EPに分配する.これによりSCTXPFはスケーラブルで高スループットなCEPが可能となる.本稿ではスケーラビリティとスループットの観点でルール分配アルゴリズムの効果を評価する.その結果,提案システムは2,700,000イベント/秒までスケーラブルに性能向上することを確認した. 
(英) This paper describes a scalable context delivery platform (SCTXPF) and our its evaluations of it. A rule allocation algorithm for SCTXPF is described in specific detail. The SCTXPF receives a large number of events from event sources such as sensor networks, automobiles, and mobile phones and a large number of complex event processing (CEP) rules such as requests from various services/applications. It then derives the context of users/things from the events based on the CEP rules and notifies the services/applications of them. By applying SCTXPF, service providers can achieve large-scale context-aware services such as automobile information services. The SCTXPF should allocate CEP rules efficiently to be able to operate with a high level of performance and be scalable. The rule allocation algorithm allocates the CEP rules to event processors (EPs) so that the state of event processing is efficiently managed. The SCTXPF achieves high throughput and scalable CEP with the EPs operating independently of one another. We evaluated the effect of the rule allocation algorithm in terms of scalability and system throughput. The results revealed that the proposed system is scalable and the proposed algorithm improves its scalability.
キーワード (和) CEP / 複合イベント処理 / スケーラビリティ / 負荷分散 / / / /  
(英) CEP / Event processing / Load distribution / Scalability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 88, IN2012-29, pp. 31-36, 2012年6月.
資料番号 IN2012-29 
発行日 2012-06-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-29

研究会情報
研究会 IN NWS  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 函館市民会館 
開催地(英) Hakodate-Shimin-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 品質制御,輻輳制御,信頼性技術,IPTV,コンテンツネットワーク,ネットワークソフトウェアおよび一般 
テーマ(英) Quality Controls, Congestion Control, Reliability Technology, IPTV, Contents Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-06-IN-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スケーラブルな複合イベント処理システムとその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Scalable Complex Event Processing System and its Performance Evaluations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CEP / CEP  
キーワード(2)(和/英) 複合イベント処理 / Event processing  
キーワード(3)(和/英) スケーラビリティ / Load distribution  
キーワード(4)(和/英) 負荷分散 / Scalability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯山 和彦 / Kazuhiko Isoyama / イソヤマ カズヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 佑嗣 / Yuji Kobayashi / コバヤシ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 正 / Tadashi Sato / サトウ タダシ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀戸 裕樹 / Hiroki Tagato / タガト ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜田 弘司 / Koji Kida / キダ コウジ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 万貴子 / Makiko Yoshida / ヨシダ マキコ
第6著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 12:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-29 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会