お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 09:00
[奨励講演]二重故障環境下でIP Fast Reroutingを実現する予備トポロジー設計法の提案
鎌村星平NTT/早大)・島崎大作平松 淳NTT)・中里秀則早大NS2012-36
抄録 (和) 同時二重故障からの高速復旧を実現するIP Fast Reroutingのための予備トポロジー設計法を提案する.IP Fast Reroutingは,各ルータが障害時に利用する予備トポロジー集合をあらかじめ保持しておくことで,IPルータのローカルな判断で障害時の経路切替を実現する.同時二重故障からの復旧は,任意の2リンクをプロテクションする予備トポロジー集合を用意することで実現されるが,予備トポロジー構造が複雑化することから予備トポロジー数が増加し,ルータメモリ消費量が増大する課題がある.本稿では,予備トポロジーの組み合わせによって迂回経路が提供できるという予備トポロジー集合の特徴と,入力トポロジー構造との類似性を考慮した予備トポロジー設計により,既存方式に対して予備トポロジー数を削減するアルゴリズムを提案する. 
(英) This paper proposes backup topologies design algorithm for IP fast rerouting considering double-link failures. In the IP fast rerouting framework, each router has the set of backup topologies, and then it performs the local repairing using proper backup topology, which avoids failed point. Recovering from the concurrent double failures is realized by preparing the set of backup topologies, which protects arbitrary double links. However, this strategy increases the number of required backup topologies, and then it consumes the memory resources on an IP router. This paper focuses on the fact that backup routes can be provided by combining the routes of backup topologies. Then we propose a novel algorithm for reducing the number of backup topologies by considering the similarity between the original topology and backup topologies.
キーワード (和) 高速障害復旧 / 二重故障 / 予備トポロジー / トポロジー類似性 / / / /  
(英) IP fast rerouting / Double-link failures / backup topologies / similarity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 85, NS2012-36, pp. 37-42, 2012年6月.
資料番号 NS2012-36 
発行日 2012-06-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-36

研究会情報
研究会 NS OCS PN  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-06-NS-OCS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二重故障環境下でIP Fast Reroutingを実現する予備トポロジー設計法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Backup Topology Design for IP Fast Rerouting considering Double-Link Failures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速障害復旧 / IP fast rerouting  
キーワード(2)(和/英) 二重故障 / Double-link failures  
キーワード(3)(和/英) 予備トポロジー / backup topologies  
キーワード(4)(和/英) トポロジー類似性 / similarity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌村 星平 / Shohei Kamamura / カマムラ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所/早稲田大学 (略称: NTT/早大)
NTT Network Service Systems Laboratories/Waseda University (略称: NTT/Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 大作 / Daisaku Shimazaki / シマザキ ダイサク
第2著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 淳 / Atsushi Hiramatsu / ヒラマツ アツシ
第3著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 秀則 / Hidenori Nakazato / ナカザト ヒデノリ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-36 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会