電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 17:50
協力的ユーザを考慮した即時待時混合受付制御方式の提案
宮田純子神奈川大)・山岡克式東工大)・木下宏揚神奈川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 帯域の異なる通信を同一網に収容する際,全ユーザの網収容により得られる満足を最大化(トータル呼損率を最小化)する新しい受付制御方式を提案し,これまでに待ち行列の即時待時混合方式における理論式を用いて有効性を示している. この受付制御は,全てのユーザが,自由に帯域などを要求する利己的なユーザであることを仮定していた.
しかし,実ネットワークにおいては,他のユーザのために自分の要求を下げる協力的なユーザが存在する可能性がある.このように,協力的なユーザが存在する環境下においては,その協力的なユーザの行動を促す新たな受付制御方式を考察する必要がある.そこで,本稿では,協力的なユーザが存在する場合にも適用できる受付制御法を提案し,待ち行列理論を用いた解析および数値計算による提案手法の有効性を示す. 
(英) We have proposed a novel Call Admission Control (CAC) to maximize total user satisfaction in a heterogeneous traffic network and showed the effectiveness of our CAC by using optimal-threshold from numerical analysis. This CAC assumed that only such selfish users exist in the network. However, we need to consider the possibility that some cooperative users exist who would agree to reduce his requested bandwidth in order to improve another user's QoS/QoE. Under this assumption, the conventional CAC may not be optimal control. Moreover, if there are cooperative users in the network, we need some controls that encourage such user cooperation. However, these ``encourage'' controls have not yet have proposed. Therefore in this paper, we propose a novel CAC for cooperative user by using queueing theory. Moreover, numerical analyses show the effectiveness of our proposed CAC.
キーワード (和) 受付制御 / 品質制御 / 協力的ユーザ / 即時待時混合 / トータル呼損率 / 閾値設定 / ユーザ満足度 / 対等性  
(英) Call admission control / QoS / cooperative user / mixed loss and delay / total call blocking rate / threshold configuration / user satisfaction / equality  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 85, NS2012-44, pp. 85-90, 2012年6月.
資料番号 NS2012-44 
発行日 2012-06-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS OCS PN  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-06-NS-OCS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 協力的ユーザを考慮した即時待時混合受付制御方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of total call blocking rate with equality based CAC when cooperative users exist 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受付制御 / Call admission control  
キーワード(2)(和/英) 品質制御 / QoS  
キーワード(3)(和/英) 協力的ユーザ / cooperative user  
キーワード(4)(和/英) 即時待時混合 / mixed loss and delay  
キーワード(5)(和/英) トータル呼損率 / total call blocking rate  
キーワード(6)(和/英) 閾値設定 / threshold configuration  
キーワード(7)(和/英) ユーザ満足度 / user satisfaction  
キーワード(8)(和/英) 対等性 / equality  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 宏揚 / Hirotsugu Kinoshita /
第3著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 17:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-44 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会