電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 11:40
リンク間の波長数を均一化した波長群光ネットワークにおけるスイッチ規模低減効果の検討
高野勝美軽部 良齋藤慶太伊藤智博中川清司山形大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光クロスコネクトの規模を低減できる波長群スイッチング光ネットワークでは,ホップ数に余裕持てると考えられる.そこで,多少の経路遅延を許容し,ネットワークで必要となる波長数を低減することを考える.そのために有効な方法は,リンクを通過するパス数をリンク間で均一化することである.このことは波長群へのグループ化の弊害となりうる.本報告では,日本の大都市間を結ぶネットワークを想定し,必要波長数を減じるためのリンク通過パス数均一化が,波長群によるスイッチ規模の低減効果に悪い影響を及ぼさないことを数値計算の結果に基づいて述べる.さらに,リンク通過パス数均一化による波長数低減の効果は,波長群へのグループ化による波長数の増加を上回ることを述べる. 
(英) The concept of waveband switching (WBS) could overcome the issues that complexity and cost of nodes when the number of wavelength increases. The WBS can mitigate the requirement for delay because of the switch size does not depend on only delay, but also the number of waveband. Another key factor for the optical networks is the number of wavelength. In order to save wavelength resources, the effective method might be the equalization the number of path through each link. This report describes two important results. The first is that the equalization does not induce the enhancement of switch size. The second is that the wavelength reduction effect by the equalization is larger than the wavelength increase induced by the waveband grouping.
キーワード (和) 光クロスコネクト / 波長群スイッチング / 光パス / フォトニックネットワーク / / / /  
(英) Optical cross-connect / Waveband switching / Optical path / Photonic network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 86, OCS2012-19, pp. 53-56, 2012年6月.
資料番号 OCS2012-19 
発行日 2012-06-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS OCS PN  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2012-06-NS-OCS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リンク間の波長数を均一化した波長群光ネットワークにおけるスイッチ規模低減効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Switch size reduction effect of waveband switching on optical path networks with equalized wavelength resource among links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光クロスコネクト / Optical cross-connect  
キーワード(2)(和/英) 波長群スイッチング / Waveband switching  
キーワード(3)(和/英) 光パス / Optical path  
キーワード(4)(和/英) フォトニックネットワーク / Photonic network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 勝美 / Katsumi Takano / タカノ カツミ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 軽部 良 / Ryo Karube / カルベ リョウ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 慶太 / Keita Saito / サイトウ ケイタ
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 智博 / Tomohiro Ito / イトウ トモヒロ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 清司 / Kiyoshi Nakagawa / ナカガワ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2012-19 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会