電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-22 13:35
ナノテスラ磁気センサを用いた視線移動及びWink検出の検討
風間裕也板倉直明水戸和幸水野統太電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多くの視線入力インタフェースで使われる光学的眼球運動測定装置は一般的に高価であり,使用者の頭部を拘束する必要がある.そこで我々は使用者の頭部拘束を回避し,また安価に構築できる,交流増幅した眼電図(EOG)を用いた視線入力インタフェースを提案した.しかし,EOGは電極を貼る際に電解ペーストを塗布するため不快感を訴える使用者もいた.そこで,ペーストを用いずに信号を計測することが可能である磁気センサ(ナノテスラ磁気センサ)に注目した.本研究では,視線移動とWinkを検出できるナノテスラ磁気センサの貼付方法の検討を行った. 
(英) Various eye-gaze input interfaces are generally expensive, and need to restrict the user's head movements. We proposed a novel eye-gaze input interface with electro-oculograph (EOG) amplified by AC coupling. This interface is inexpensive and enables the user to escape the restriction of the user's head movements. However, some user complain of discomfort, because he is applying a paste electrolyte when I stick the electrode. So, we proposed a novel eye-gaze input interface with nano-Tesla sensor. This interface can measure without a paste electrolyte. In this study, we examined how the patch of the magnetic sensor can detect eye movement and wink.
キーワード (和) 眼電図 / 眼磁図 / 視線入力 / インタフェース / 磁気センサ / / /  
(英) EOG / MOG / Gaze input / Interface / Magnetic sensor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 101, MBE2012-19, pp. 31-36, 2012年6月.
資料番号 MBE2012-19 
発行日 2012-06-15 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2012-06-22 - 2012-06-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2012-06-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ナノテスラ磁気センサを用いた視線移動及びWink検出の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of eye movement and Wink using nano-Tesla sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼電図 / EOG  
キーワード(2)(和/英) 眼磁図 / MOG  
キーワード(3)(和/英) 視線入力 / Gaze input  
キーワード(4)(和/英) インタフェース / Interface  
キーワード(5)(和/英) 磁気センサ / Magnetic sensor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 風間 裕也 / Yuya Kazama / カザマ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Electro-Communications Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 直明 / Naoaki Itakura / イタクラ ナオアキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Electro-Communications Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸 和幸 / Kazuyuki Mito / ミト カズユキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Electro-Communications Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 統太 / Tota Mizuno /
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Electro-Communications Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-22 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2012-19 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2012-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会