お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-21 15:15
[招待講演]震災時におけるTwitterのリツイート分析
鳥海不二夫東大)・篠田孝祐理研)・栗原 聡阪大)・榊 剛史東大)・風間一洋NTT)・野田五十樹産総研AI2012-4
抄録 (和) 本論文では,東日本大震災時の前後にTwitterに投稿された約4億のTweetを用いて,
震災がTwitterを用いたリツイート行動に与えた影響を分析した.
リツイートの時系列を混合正規分布を用いてモデル化し,
震災直後にはリツイートが行われるタイミングが短くなり多くの情報が素早く大勢のユーザに共有されたことを明らかにした.
また,得られたモデルをクラスタリングすることで,リツイートの時系列変化を5パターンに分類しそれぞれの特徴を分析し,
各パターンの出現数が震災前後でどのように変化したかを確認した. 
(英) In this paper, we analyzed the 400 millions of Tweet data which posted around the Great East Japan Earthquake to find
how the twitter used and how the Twitter was influenced by the disaster.
We modeled the time series data of Retweet by Gaussian Mixture Model.
By analyzing the model, we found that the peak times of the retweets are become shorter,
and there are few long range retweets after the disaster.
As a result, we can say that the role of the Twitter was changed from communication tools to information sharing tools
since the Great East Japan Earthquake were occurred.
キーワード (和) ソーシャルメディア / Twitter / 東日本大震災 / ネットワーク分析 / 時系列分析 / / /  
(英) Social Media / twitter / the Great East Japan Earthquake / Network Analysis / Time Series Analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 94, AI2012-4, pp. 19-24, 2012年6月.
資料番号 AI2012-4 
発行日 2012-06-14 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2012-4

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-21 
開催地(和) 京都大学 東京オフィス 
開催地(英)  
テーマ(和) 「Webインテリジェンス」および一般 
テーマ(英) Web Intelligence 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2012-06-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 震災時におけるTwitterのリツイート分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Retweet on Twitter under the Disaster Situation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャルメディア / Social Media  
キーワード(2)(和/英) Twitter / twitter  
キーワード(3)(和/英) 東日本大震災 / the Great East Japan Earthquake  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク分析 / Network Analysis  
キーワード(5)(和/英) 時系列分析 / Time Series Analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥海 不二夫 / Fujio Toriumi / トリウミ フジオ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 孝祐 / Kousuke Shinoda /
第2著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 聡 / Satoshi Kurihara /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊 剛史 / Takeshi Sakaki /
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 風間 一洋 / Kazuhiro Kazama /
第5著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 五十樹 / Itsuki Noda /
第6著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-21 15:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2012-4 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.94 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会