お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-21 16:30
LTE-Advanced下りリンクにおけるシステムレベル評価に向けた干渉抑圧合成受信器のリンク性能モデリングに関する検討
佐野洋介大渡裕介三木信彦森本彰人奥村幸彦NTTドコモRCS2012-57
抄録 (和) 干渉抑圧合成(Interference Rejection Combining: IRC)受信器は,複数の受信アンテナブランチを用いることによりセル間干渉を抑圧することが可能なため,他セル干渉による影響の大きいセル端ユーザスループットの改善に効果的である.本稿では,IRC受信器のシステムレベル評価を行う上で必要な,IRC受信ウェイトを構成する共分散行列のモデル化方法について検討を行う.システムレベルシミュレーションにおいてIRC受信器を評価するためには,各基地局の受信信号から,IRC受信器出力におけるブロック誤り率(BLock Error Rate: BLER)をモデル化する必要がある.これを実現するためには, IRC受信器のリンク性能,つまりIRC受信処理後の干渉抑圧効果を考慮したBLERを推定誤差による影響も含めて正確に算出することが重要である.このBLERは,共分散行列及び接続セルのチャネル行列にて構成されるIRC受信ウェイトを用いて算出できる.本稿では,推定誤差を含めた共分散行列のモデル化方法として,従来より提案されている複素Wishart分布を用いたモデル化方法に対して,周波数領域にて平均化する方法を提案する.本提案法により,周波数選択性フェージング環境においても,共分散行列を正確にモデル化できることが期待できる.LTE-Advanced下りリンクを想定した計算機シミュレーション結果より,送受信アンテナブランチ数を2とした場合に,提案法は従来法と比較してリンク性能を高精度にモデル化できることを示す. 
(英) The interference rejection combining (IRC) receiver, which can suppress inter-cell interference, is effective in improving the cell edge user throughput.This paper investigates and proposes IRC receiver modeling schemes for the covariance matrix and channel estimation errors. In a system performance evaluation, the link performance modeling of the IRC receiver, i.e., the output signal-to-interference-plus-noise power ratio (SINR) after IRC reception including the estimation errors, is very important in evaluating the actual performance of the IRC receiver in the system level simulation. This is because these errors affect the suppression of the interference signals for the IRC receiver. This paper investigates and proposes IRC receiver modeling schemes focusing on the covariance matrix estimation error. As the modeling scheme for the covariance matrix, we propose a scheme that averages the conventional approximation using the complex Wishart distribution in the frequency domain to address issues that arise in a frequency selective fading channel. The results of simulations assuming LTE/LTE-Advanced downlink with two transmitter and two receiver antenna branches show that the proposed modeling scheme for the covariance matrix estimation error accurately approximate the performance of the realistic IRC receiver, which estimates the covariance matrix based on the demodulation reference signal (DM-RS), even in a frequency selective fading channel.
キーワード (和) LTE-Advanced / 干渉抑圧合成受信 / セル間干渉 / システムレベルシミュレーション / リンク性能モデリング / / /  
(英) LTE-Advanced / interference rejection combining / inter-cell interference / system level simulation / link performance modeling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 89, RCS2012-57, pp. 85-90, 2012年6月.
資料番号 RCS2012-57 
発行日 2012-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-57

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 函館市中央図書館 
開催地(英) Hakodate City Central Library 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced下りリンクにおけるシステムレベル評価に向けた干渉抑圧合成受信器のリンク性能モデリングに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Link Performance Modeling of Interference Rejection Combining Receiver for System Level Evaluation in LTE-Advanced Downlink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) 干渉抑圧合成受信 / interference rejection combining  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉 / inter-cell interference  
キーワード(4)(和/英) システムレベルシミュレーション / system level simulation  
キーワード(5)(和/英) リンク性能モデリング / link performance modeling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 洋介 / Yousuke Sano / サノ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大渡 裕介 / Yusuke Ohwatari / オオワタリ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 彰人 / Akihito Morimoto / モリモト アキヒト
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-21 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-57 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会