電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-21 14:30
大学施設における電力消費削減のためのプッシュ型情報提供による手法の評価
宇佐見 潤繁田浩功間下以大竹村治雄阪大
抄録 (和) 教育機関において,消費電力削減のための様々な取り組みが行われているが,大学組織においてはその多様性から画一的な削減が難しいという問題がある.この問題に対処するため,我々はこれまで電力削減のための可視化プラットフォームを構築してきた.本稿では,消費電力の可視化のためのプッシュ型情報提示手法であるデスクトップガジェットとデジタルサイネージを実装し,その実証実験を行った.実験の結果,プッシュ型情報提示がプル型情報提示よりも高い効果が得られたこと,デジタルサイネージが最も意識維持に効果的であることなどが示された. 
(英) In educational institutes, various efforts are conducted to reduce electricity consumption.Because of the complexity of university systems in particular, energy consumption is especially difficult at that level.To tackle this problem, we have constructed a visualization platform encouraging people to reduce electricity consumption.This article shows an implementation and an evaluation of two push-based methods: A PC desktop gadget and digital various signs placed in visible locations. We observed that push-based methods were effective to make users conscious about saving electricity, and digital signage was the best of tested methods.
キーワード (和) グリーンIT / 環境 / 省エネ / 消費電力可視化 / プッシュ型情報提示 / / /  
(英) Green IT / Environment / Energy Saving / Visualization of Energy Consumption / Push-based Visualization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 90, IA2012-2, pp. 7-12, 2012年6月.
資料番号 IA2012-2 
発行日 2012-06-14 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS IA  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 1号館2階 1206 教室 (1 日目) 
開催地(英) Room 1206, 1st bldg, Takanawa Campus, Tokai University 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2012-06-ICSS-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大学施設における電力消費削減のためのプッシュ型情報提供による手法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Push-based Visualization to Reduce Electricity Consumption in a University Building 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グリーンIT / Green IT  
キーワード(2)(和/英) 環境 / Environment  
キーワード(3)(和/英) 省エネ / Energy Saving  
キーワード(4)(和/英) 消費電力可視化 / Visualization of Energy Consumption  
キーワード(5)(和/英) プッシュ型情報提示 / Push-based Visualization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐見 潤 / Jun Usami / ウサミ ジュン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁田 浩功 / Hironori Shigeta / シゲタ ヒロノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 間下 以大 / Tomohiro Mashita / マシタ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 治雄 / Haruo Takemura / タケムラ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-21 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2012-2,IEICE-ICSS2012-2 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.90(IA), no.91(ICSS) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2012-06-14,IEICE-ICSS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会