電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-21 13:55
リアルタイム信号処理技術を用いた受信端全波長分散補償127 Gb/s PM-QPSK信号光長距離伝送
有川 学岡本健志村木弘法小笠原大作ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル伊東俊治福知 清NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) 受信端でのデジタル信号処理による一括した波長分散補償能力は、伝送路中の分散補償ファイバの必要性を無くし、伝送路構成および設計の容易化や伝送特性の向上といったメリットをもたらす。今回、広範な波長分散補償能力を持つよう設計された127Gb/s PM(偏波多重)-QPSK 信号用リアルタイム信号処理回路について「56,200 ps/nm 以上の波長分散補償能力」、「3000km 級WDM 伝送システムの実現可能性」の2 点を実験的に確認したので、その結果を報告する。 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 86, OCS2012-10, pp. 7-12, 2012年6月.
資料番号 OCS2012-10 
発行日 2012-06-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS OCS PN  
開催期間 2012-06-21 - 2012-06-22 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2012-06-NS-OCS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイム信号処理技術を用いた受信端全波長分散補償127 Gb/s PM-QPSK信号光長距離伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Long-haul Transmission of 127 Gb/s PM-QPSK Signal with Real-Time DSP-based full CD Compensation at the Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有川 学 / Manabu Arikawa / アリカワ マナブ
第1著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 健志 / Takeshi Okamoto / オカモト タケシ
第2著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村木 弘法 / Mitsunori Muraki / ムラキ ミツノリ
第3著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 大作 / Daisaku Ogasahara / オガサハラ ダイサク
第4著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル
第5著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 俊治 / Toshiharu Ito / イトウ トシハル
第6著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 福知 清 / Kiyoshi Fukuchi / フクチ キヨシ
第7著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-21 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2012-10 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2012-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会