お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-06 11:15
時間的冗長性の除去による調理履歴映像の要約
林 泰宏道満恵介出口大輔井手一郎村瀬 洋名大DE2012-10
抄録 (和) 個人が調理過程を撮影した映像の要約手法について報告する.近年,個人の生活を記録するライフログが注目されている.しかし,ライフログは長時間に渡り記録されるものであり,データ量が膨大である.本報告では,日常的な創作活動である料理に着目し,個人が調理過程を撮影した調理履歴映像の要約手法を提案する.調理履歴映像は,ログとしての利用以外に,インターネット上で公開するなどして,他人が調理する際の参考映像として提供することもできる.そのため,映像を要約することでより効率的に検索・閲覧できると考えられる.提案手法では,映像から時間的冗長な区間として静止区間と繰り返し区間を検出し,それらを除去することで調理履歴映像を要約する.実際に調理過程を撮影した映像を用いて区間検出実験を行い,静止区間は適合率0.98,再現率0.99,繰り返し区間は
適合率0.62,再現率0.92 の精度が得られた. 
(英) We report on a method for summarizing a video which recorded the process of cooking by an individual. In recent years, life-log which records the daily life of an individual has been attracting attention. However, since
life-log is recorded over a long time, the amount of data is huge. In this report, we focus on cooking which is a creative activity in daily life, and we propose a method for summarizing a cook-log video which recorded the process of cooking by an individual. A cook-log video can not only be used as a kind of life-log, but it can also be able to be provided on the Internet as a reference for other people to cook. Thus, summarizing a cook-log video enables more efficient search and browsing. The proposed method detects the state sections and the repetitious sections as temporal redundant sections, and summarizes the cook-log video by removing them. We conducted a section detection experiment using an actual cook-log. A precision of 0.98 and a recall of 0.99 were obtained for detecting the state section, and a precision of 0.62 and a recall of 0.92 were obtained for detecting the repetitious section.
キーワード (和) ライフログ / 映像要約 / 調理履歴映像 / 調理動作 / / / /  
(英) life-log / video summarization / cook-log video / cooking operation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 75, DE2012-10, pp. 55-60, 2012年6月.
資料番号 DE2012-10 
発行日 2012-05-29 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DE2012-10

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2012-06-05 - 2012-06-06 
開催地(和) 国立情報学研究所12階1208.1210号室 
開催地(英) NII、12F Room1208, 1210 
テーマ(和) データ工学と食メディア 
テーマ(英) Data Engineering and Food Media 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2012-06-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間的冗長性の除去による調理履歴映像の要約 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cook-Log Video Summarization by Removing Temporal Redundancy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフログ / life-log  
キーワード(2)(和/英) 映像要約 / video summarization  
キーワード(3)(和/英) 調理履歴映像 / cook-log video  
キーワード(4)(和/英) 調理動作 / cooking operation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 泰宏 / Yasuhiro Hayashi / ハヤシ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 道満 恵介 / Keisuke Doman / ドウマン ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-06 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2012-10 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2012-05-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会