お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-31 13:30
電波影響試験用反射箱内電界強度分布の実験的検証
チャカロタイ ジェドヴィスノプ王 建青藤原 修名工大)・和氣加奈子渡辺聡一NICTEMCJ2012-10
抄録 (和) 携帯電話の基地局からの微弱電波が引き起こす人体影響を調べるために,それを模擬した小動物に対する全身ばく露実験が計画されている. 本稿では, モーメント法によって設計された全身ばく露装置のための反射箱内における電界強度分布を実験的に検証した. まずモーメント法により, アンテナ及び撹拌板を含めた反射箱の解析を行い,反射箱内部の電界強度を求めた後, 実験によってそれらを検証した. その結果, 反射箱内において1Wのアンテナの平均入力電力に対する平均電界強度は, それぞれダイポールアンテナとヘリカルアンテナを用いた場合, 約182V/mと207V/mであり, 数値計算によって求めた値とほぼ一致していることが確認できた. 
(英) In order to investigate biological effect of radio waves from base stations of cellular phones, an exposure experiment with unrestrained rats inside a reverberation chamber is being planned. In this paper, the method of moments is used to design the reverberation chamber as a whole-body exposure system for bio-effect testing. Electric field distributions in the chamber using both dipole and helical antennas are then experimentally validated. It was found experimentally that, when using dipole and helical antennas, the measured average electric field strengths inside the chamber for an average input power of 1 W are about 182 V/m and 207 V/m, respectively, which almost correspond to those of our numerical solutions.
キーワード (和) 電波影響試験 / 実験的検証 / 反射箱 / 電界強度分布 / モーメント法 / / /  
(英) bio-effect testing / experimental validation / reverberation chamber / electric field distribution / method of moments / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 73, EMCJ2012-10, pp. 7-12, 2012年5月.
資料番号 EMCJ2012-10 
発行日 2012-05-24 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2012-10

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2012-05-31 - 2012-06-01 
開催地(和) 首都大学東京秋葉原サテライト 
開催地(英) TMU Akihabara Satellite Campus 
テーマ(和) EMC, 一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2012-05-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波影響試験用反射箱内電界強度分布の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Validation of MoM-Derived Electric Field Distribution in Reverberation Chamber for Bio-Effect Testing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波影響試験 / bio-effect testing  
キーワード(2)(和/英) 実験的検証 / experimental validation  
キーワード(3)(和/英) 反射箱 / reverberation chamber  
キーワード(4)(和/英) 電界強度分布 / electric field distribution  
キーワード(5)(和/英) モーメント法 / method of moments  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドヴィスノプ / Jerdvisanop Chakarothai /
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang /
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara /
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 加奈子 / Kanako Wake /
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe /
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-31 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2012-10 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.73 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2012-05-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会