電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-29 10:55
2次高調波超音波を利用したボルト締結評価に関する検討
福田 誠米内巨樹今野和彦秋田大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 締結状態のボルト-ナットに有限振幅超音波を送波し,ボルトから発生する2次高調波を検出した.トルクと2次高調波検出量との関係を検討した結果,トルクが増加するにつれて2次高調波が増加することを確認できた.さらに,ボルトの適正締め付けトルク前後から2次高調波検出量の増加分が大きくなることがわかった.適正締め付けトルクより小さいトルクでは,ボルトとナットのねじ山で接触型音響非線形性により生じる2次高調波が主として検出されていると考えられる.一方,適正締め付けトルクより大きいトルクでは,ボルトが塑性変形することにより塑性部分から発生した2次高調波であると考察された.また,トルクを一定として音圧と2次高調波の関係を検討した結果,トルクが大きいほど音圧を変化させたときの2次高調波増加分が小さくなることがわかった.以上より,2次高調波を用いたボルト締結状態の評価への可能性を示すことができた. 
(英) Finite amplitude ultrasonic waves were transmitted into fastened bolt and second harmonic ultrasonic components generated from the bolt were detected. The relation between torque and second harmonic component were considered. Second harmonic components increased as torque increased. In the smaller torque than the optimal torque of the bolt, second harmonic components were generated by contact acoustic nonlinearity in the surface of the screw of a bolt and a nut. In the larger torque than the optimal torque, second harmonic components were generated by both the contact acoustic nonlinearity and the plastic deformation of the bolt and the nut. Moreover, the relation between the sound pressure of the ultrasonic waves and second harmonic components were considered. The variations of the second harmonic components in the larger torque were smaller than the variations in the smaller torque when the sound pressure was increased. Second harmonic ultrasonic components can be useful for evaluation of the bolt fastening.
キーワード (和) 超音波 / 2次高調波 / 接触型音響非線形性 / ボルト / トルク / / /  
(英) Ultrasonic wave / Second harmonic component / Contact acoustic nonlinearity / Bolt / Torque / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 69, NLP2012-36, pp. 55-58, 2012年5月.
資料番号 NLP2012-36 
発行日 2012-05-21 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-05-28 - 2012-05-29 
開催地(和) 秋田市民交流プラザ 
開催地(英) Akita City Exchange Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2次高調波超音波を利用したボルト締結評価に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of bolt fastening evaluation using second harmonic ultrasonic pulse waves 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 / Ultrasonic wave  
キーワード(2)(和/英) 2次高調波 / Second harmonic component  
キーワード(3)(和/英) 接触型音響非線形性 / Contact acoustic nonlinearity  
キーワード(4)(和/英) ボルト / Bolt  
キーワード(5)(和/英) トルク / Torque  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 誠 / Makoto Fukuda / フクダ マコト
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米内 巨樹 / Oki Yonai / ヨナイ オオキ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今野 和彦 / Kazuhiko Imano / イマノ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-29 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-36 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2012-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会