電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-28 14:55
頭部姿勢空間定量化のための自己写像特性の評価
伊藤桃代徳島大)・佐藤和人秋田県立大)・福見 稔徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,単眼車載カメラにより得られたドライバの頭部動画像から,危険運転を誘発すると考えられる平常状態からの逸脱信号を検出するシステムの構築を目指している.本稿では,2種類の教師なしニューラルネットワークをハイブリッド化した頭部姿勢の分類手法を提案する.評価実験では,信号機のない交差点における安全確認動作を対象に,カテゴリの分類精度を左右するVigilanceパラメータを変化させ,安全確認動作のカテゴリ分類に必要な自己写像特性について検討を加えた.その結果,安全確認動作の連続性を保持しながらカテゴリを形成可能であることが明らかとなった. 
(英) Many car accidents are caused by driver’s deviation from normal condition like carelessness. We aim to construct a driving assist system that is able to detect driver’s deviation signal from normal condition. The system detects the deviation signal using driver’s time-series head motion information. In this paper, we analyze driving movies taken by monocular in-vehicle camera, and propose a quantifiable categorizing algorithm of head motion using two kinds of unsupervised neural networks. Through an experiment on actual driving data, the results provide a possibility of quantification of individual head position in safety verifications.
キーワード (和) 安全運転支援 / 頭部姿勢 / SOMs / Fuzzy ART / / / /  
(英) Drive assist / Head motion / SOMs / Fuzzy ART / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 69, NLP2012-28, pp. 17-20, 2012年5月.
資料番号 NLP2012-28 
発行日 2012-05-21 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-05-28 - 2012-05-29 
開催地(和) 秋田市民交流プラザ 
開催地(英) Akita City Exchange Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部姿勢空間定量化のための自己写像特性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Self Mapping Characteristics for Quantification of Head Motion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 安全運転支援 / Drive assist  
キーワード(2)(和/英) 頭部姿勢 / Head motion  
キーワード(3)(和/英) SOMs / SOMs  
キーワード(4)(和/英) Fuzzy ART / Fuzzy ART  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 桃代 / Momoyo Ito / イトウ モモヨ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和人 / Kazuhito Sato / サトウ カズヒト
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福見 稔 / Minoru Fukumi / フクミ ミノル
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-28 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-28 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2012-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会