電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-28 13:55
ヒステリシス素子によって結合される2次元区分定数発振器の同期現象
鈴木恵介坪根 正長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,簡素な2次元区分定数発振器の結合系について考える.この発振器は,2つのキャパシタと1つのヒステリシス特性を持つ電圧制御電流源(VCCS),1つのコンパレータ特性を持つVCCSから成り,その結合はヒステリシス特性を持つVCCSを介して実現される.この系からは,同相や逆相の同期現象及び,それらの共存が確認される.本稿では,これらの現象のパラメータ範囲や引き込み領域の解析を行い回路実験での検証も行う. 
(英) In this work, a coupled system of simple two-dimensional Piecewise Constant Oscillators(abbr. PCOs) are considered. The oscillator consists of two linear capacitors, one nonlinear voltage controlled current sourece(abbr. VCCS) which has hysteresis characteristic and one nonlinear VCCS with Signum-like characteristic. And their coupling consists of nonlinear VCCS with hysteresis characteristic. This system exhibits synchronization phenomena of in-phase and anti-phase and their co-existence. Typical phenomena are verified by laboratory measurements. And we analyze parameter range and domain of attractor for these phenomena.
キーワード (和) 区分定数発振器 / 結合系 / ヒステリシス / 同期現象 / / / /  
(英) Piecewise Constant Oscillator(PCO) / coupling system / hysteresis / synchronization phenomena / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 69, NLP2012-26, pp. 5-10, 2012年5月.
資料番号 NLP2012-26 
発行日 2012-05-21 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-05-28 - 2012-05-29 
開催地(和) 秋田市民交流プラザ 
開催地(英) Akita City Exchange Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒステリシス素子によって結合される2次元区分定数発振器の同期現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synchronization Phenomena of 2-dimensional Piecewise-Constant-Oscillator Coupled by Hysteresis element 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 区分定数発振器 / Piecewise Constant Oscillator(PCO)  
キーワード(2)(和/英) 結合系 / coupling system  
キーワード(3)(和/英) ヒステリシス / hysteresis  
キーワード(4)(和/英) 同期現象 / synchronization phenomena  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恵介 / Keisuke Suzuki / スズキ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-28 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-26 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2012-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会