お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-26 15:55
スマート・エージェント・ロボットによる電波ブラインド領域における情報通信
結城 修静岡大)・山田圀裕東海大)・水野忠則愛知工大)・峰野博史西垣正勝静岡大SWIM2012-6
抄録 (和) 近年,災害やアクシデント時の情報通信が重要視されている.災害時の無線による通信方法は,マルチホップによるメッシュ型などが提案されている.しかし,このようなマルチホップ型の通信網を利用するには,事前にデバイスを設置しておく必要があり,不意のアクシデントの発生場所にそのような設備が在るとは限らない.我々は,このようなアクシデントなどの時の無線のブラインド領域からの通信を課題としスマート・エージェント・ロボットによる情報通信の提案を行う.環境情報を収集するセンシング機能や携帯電話回線をWi-Fiで利用するためのモバイルWi-Fi機能をスマート・エージェント・ロボットに搭載し,電波ブラインド領域と通信可能領域とをルーティングすることにするより,外部との双方向情報通信を可能とする. 
(英) There are some blind zones of electric wave. For example, the tunnel is a blind zone of electric wave. When GPS enters there, it is impossible to get satellite signal. For the person who cannot move from such a place by accidents, in this paper, we propose the wireless telecommunication service in blind zones of electric wave by using an agent robot. We install Bluetooth GPS function, Wi-Fi router function, etc. in the smart agent robot. This agent robot walks toward the exit of a tunnel. After the robot arrived at the exit of the tunnel, a portable wireless device in the tunnel received the signals from GPS. Then the mail that attached the location information was written. The mail is sent to the outside of the tunnel via Wi-Fi router. In addition, the measuring data and the text data are able to be saved from the tunnel to the storage of cloud via Wi-Fi router. We can confirm these data at a faraway place from the tunnel. It is not necessary to install a robot in advance; neither a sudden accident place nor the event place is always having such equipments. A sensing function and a pocket Wi-Fi function are carried on the smart agent robot, and bidirectional communication with the temporary use is made possible by carrying out routing from an electric wave blind zone to the communication feasible region.
キーワード (和) 電波ブラインド領域 / エージェント・ロボット / 情報通信ルーティング / / / / /  
(英) Blind Zone of Electric Wave / Smart Agent Robot / Routing of the Communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 67, SWIM2012-6, pp. 35-40, 2012年5月.
資料番号 SWIM2012-6 
発行日 2012-05-19 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2012-6

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2012-05-26 - 2012-05-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) インタプライズモデル化技術,一般 
テーマ(英) Interprise Modeling Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2012-05-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマート・エージェント・ロボットによる電波ブラインド領域における情報通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Telecommunication by Using the Smart Agent Robot in Blind Zones of Electric Wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波ブラインド領域 / Blind Zone of Electric Wave  
キーワード(2)(和/英) エージェント・ロボット / Smart Agent Robot  
キーワード(3)(和/英) 情報通信ルーティング / Routing of the Communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 結城 修 / Osamu Yuuki / ユウキ オサム
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 圀裕 / Kunihiro Yamada / ヤマダ クニヒロ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 忠則 / Tadanori Mizuno / ミズノ タダノリ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰野 博史 / Hiroshi Mineno / ミネノ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西垣 正勝 / Masakatsu Nishigaki /
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-26 15:55:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2012-6 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.67 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SWIM-2012-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会