電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-25 13:25
開発属性データを用いたGMDHによるソフトウェアの信頼性予測に関する一考察
嶋田遼平木村光宏法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェア開発プロジェクトにおいて,将来発生するフォールトに関するリスクを予測することが,ソフトウェアの品質を高めることにつながると考えられる.従って,精度の高い信頼性予測モデルを構築することが必要とされる.
本研究では,既存の論文を題材として,論文内で構築されたモデル,GMDH(Group Method of Data Handling)によって構築されたモデル,データの標準化を行って適用したGMDHによって構築されたモデルを予測精度の観点から比較し,各モデルの有用性を評価する. 
(英) This paper provides a new approach to estimate the software reliability with the data sets obtained from the upper process of software development. The approach employs the group method of data handling (GMDH) which can be considered as an extension of a multiple regression analysis in this study.
We first explain the concept of GMDH approach and show how we construct the appropriate model. By using the actual data sets from upper process of the real software development, we try to estimate the number of inherent software faults. We compare two proposed models and a traditional multiple regression model in terms of the goodness-of-fit to the data sets.
キーワード (和) ソフトウェア信頼性 / GMDH / ソフトウェアプロジェクトデータ / ソフトウェア品質管理 / 回帰分析 / / /  
(英) Software reliability / GMDH / Software project data / Software quality management / Regression analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 59, R2012-2, pp. 5-10, 2012年5月.
資料番号 R2012-2 
発行日 2012-05-18 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2012-05-25 - 2012-05-25 
開催地(和) 出雲グリーンホテルモーリス 
開催地(英)  
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Softwar Reliability, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2012-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開発属性データを用いたGMDHによるソフトウェアの信頼性予測に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on software reliability prediction by GMDH with software development data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア信頼性 / Software reliability  
キーワード(2)(和/英) GMDH / GMDH  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェアプロジェクトデータ / Software project data  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア品質管理 / Software quality management  
キーワード(5)(和/英) 回帰分析 / Regression analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋田 遼平 / Ryohei Shimada / シマダ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-25 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2012-2 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.59 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2012-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会