電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-22 10:25
Eye Gesture入力インタフェースシステムの開発
高 トククン中井直輝板倉直明水戸和幸水野統太電通大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は,ヘッドマウントディスプレイ(HMD)と交流増幅眼電図を用いた視線入力インタフェースを提案した.このインタフェースは安価に構築できるだけでなく,使用者の頭部拘束を回避できる.また,この研究に基づき,我々はHMDを使わず選択肢数を増やすために垂直ではなく斜め方向の眼球移動の組み合わせ(Eye Gesture)を用いた新しい入力画面仕様を提案した.本研究において,信号増幅用の生体用アンプとデータ取込用A/Dボードを1つの自作デバイスに行わせ,持ち運び可能な小型システムを実現した.その結果,Eye Gesture入力インタフェースと自作デバイスを用いた方向判別率が95.6%と高い判別率が得られた.提案したシステムを用いることで,様々な環境でEye Gesture入力インタフェースを使用できる可能性が示された. 
(英) We had proposed a novel eye-gaze input interface that combined a head mounted display (HMD) with an electro-oculograph amplified via an AC coupling. This interface is not expensive and enables the user to escape the restriction of the user’s head movements. And base on this, we proposed a new display design of interface using eye movement of not vertical but diagonal directions to increase the number of selected objects without HMD (Eye Gesture). In this study, in order to realize a small portable system, device of our own making was carried out to biological amplifier for amplification of the signal and AD board for import of the signal. As a result, for the Eye Gesture input interface, the mean accuracies of the choices were 95.6% in the case of 12 possible choices by the device of our own making. And the proposed system for the Eye Gesture input interface can be used in a variety of environments has been shown.
キーワード (和) 眼電図 / 視線入力 / インタフェース / HMD / Eye Gesture / システム / デバイス /  
(英) EOG / Eye-gaze System / Interface / HMD / Eye Gesture / System / Device /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 46, HIP2012-6, pp. 31-36, 2012年5月.
資料番号 HIP2012-6 
発行日 2012-05-15 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2012-05-22 - 2012-05-23 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマンコミュニケーション一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2012-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Eye Gesture入力インタフェースシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Eye Gesture Interface System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼電図 / EOG  
キーワード(2)(和/英) 視線入力 / Eye-gaze System  
キーワード(3)(和/英) インタフェース / Interface  
キーワード(4)(和/英) HMD / HMD  
キーワード(5)(和/英) Eye Gesture / Eye Gesture  
キーワード(6)(和/英) システム / System  
キーワード(7)(和/英) デバイス / Device  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 トククン / Dekun Gao / コウ トククン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中井 直輝 / Naoki Nakai / ナカイ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 直明 / Naoaki Itakura / イタクラ ナオアキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸 和幸 / Kazuyuki Mito / ミト カズユキ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 統太 / Tota Mizuno /
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2012-6,IEICE-HIP2012-6 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.45(HCS), no.46(HIP) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2012-05-15,IEICE-HIP-2012-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会