お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-21 17:20
位相ランダム状態アンサンブルとその近似的生成法
中田芳史ピーター S. ターナー村尾美緒東大
抄録 (和) 統計力学において閉じた系の時間発展中に現れる典型的な特性を考察する一般的枠組みとして、位相ランダム状態アンサンブルを提唱する。位相ランダム状態アンサンブルとは、純粋量子状態を与えられた基底で展開した際の展開係数の位相のみが一様ランダムに分布した純粋量子状態の集合のことである。我々は、位相ランダム状態アンサンブルの平均エンタングルメント量を解析することで、閉じた系の時間発展のシミュレート可能性を議論する。また、位相ランダム状態アンサンブルの量子情報プロトコル等への応用のため、量子回路を用いて位相ランダム状態アンサンブルを近似的に生成する方法も与える。 
(英) Motivated by studies of typical properties of quantum states in statistical mechanics, we introduce phase-random states, an ensemble of pure states with fixed amplitudes and uniformly distributed phases in a fixed basis. We investigate the simulatability of phase-random states, which is directly related to that of time evolution in closed systems, by studying their entanglement properties. We find that starting from a separable state, time evolutions under Hamiltonians composed of only separable eigenstates generate extremely high entanglement and are difficult to simulate with matrix product states. We also present how to construct approximate phase-random states by quantum circuits composed of diagonal gates.
キーワード (和) ランダム状態 / エンタングルメント / 行列積状態による状態のシミュレート可能性 / t-デザイン / / / /  
(英) Random States / Entanglement / Simulatability by MPS / t-design / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2012-05-21 - 2012-05-22 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) Fukui Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2012-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相ランダム状態アンサンブルとその近似的生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase-random states and their approximate generation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダム状態 / Random States  
キーワード(2)(和/英) エンタングルメント / Entanglement  
キーワード(3)(和/英) 行列積状態による状態のシミュレート可能性 / Simulatability by MPS  
キーワード(4)(和/英) t-デザイン / t-design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 芳史 / Yoshifumi Nakata / ナカタ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ピーター S. ターナー / Peter S. Turner / ピーター S. ターナー
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村尾 美緒 / Mio Murao / ムラオ ミオ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-21 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会