お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-21 17:40
マクロな観測量で量子論の非実在性を示せるか
クルジンズキ パウエル・○添田彬仁ラマナサン ラビシャンカNUS)・グルカ アンドレAdam Mickiewicz University)・トンプソン ジェインThe University of Melbourne)・カスリコウスキ ダゴミールNUS
抄録 (和) 量子論では観測量を測定することによりその固有値の確率分布が得られるが、この確率分布のなかには隠れた変数理論では説明できない非実在的なものも存在する。しかし、統計力学で扱うようなマクロな観測量で量子論の非実在性を示せるかどうかは知られていない。本研究ではこの問題を解析するために、複数のスピンからなる系を例にとり、総磁気モーメントの測定に観測量を限定した状況を考える。結果、非実在性を示すために必要な観測量が存在しないことを示す。 
(英) In quantum theory, measurements of observables yield probability distributions of the eigenvalues of the observables. Certain distributions cannot be explained by hidden variables and do not conform to the idea of realism.
It is not known, however, whether the lack of realism in quantum theory can be proven using macroscopic observables treated in statistical mechanics. In this work, we consider a system composed of several spins and its total magnetic moment and prove that, in this case, observables necessary to prove the lack of realism do not exist.
キーワード (和) コンテクスチュアリティ / 実在性 / マクロな物理量 / 総磁気モーメント / / / /  
(英) contextuality / realism / macroscopic observable / total magnetic moment / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2012-05-21 - 2012-05-22 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) Fukui Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2012-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マクロな観測量で量子論の非実在性を示せるか 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On proving violation of realism in quantum theory using macroscopic observables 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテクスチュアリティ / contextuality  
キーワード(2)(和/英) 実在性 / realism  
キーワード(3)(和/英) マクロな物理量 / macroscopic observable  
キーワード(4)(和/英) 総磁気モーメント / total magnetic moment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) クルジンズキ パウエル / Pawel Kurzynski /
第1著者 所属(和/英) シンガポール国立大学 (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 添田 彬仁 / Akihito Soeda / ソエダ アキヒト
第2著者 所属(和/英) シンガポール国立大学 (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ラマナサン ラビシャンカ / Ravishankar Ramanathan /
第3著者 所属(和/英) シンガポール国立大学 (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) グルカ アンドレ / Andrzej Grudka /
第4著者 所属(和/英) Adam Mickiewicz University (略称: Adam Mickiewicz University)
Adam Mickiewicz University (略称: Adam Mickiewicz University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) トンプソン ジェイン / Jayne Thompson /
第5著者 所属(和/英) The University of Melbourne (略称: The University of Melbourne)
The University of Melbourne (略称: The University of Melbourne)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) カスリコウスキ ダゴミール / Dagomir Kaszlikowski /
第6著者 所属(和/英) シンガポール国立大学 (略称: NUS)
National University of Singapore (略称: NUS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-21 17:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会