お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-18 11:05
アジマスアンビギュイティを抑圧する複数開口SAR-MTI方式とその性能評価
諏訪 啓若山俊夫岡村 敦三菱電機SANE2012-12
抄録 (和) SAR-MTI(Synthetic Aperture Radar - Moving Target Indication)は,プラットフォームの移動方向に2つ以上のアンテナ開口を並べ,各アンテナ開口で受信された信号を用いてそれぞれSAR画像を生成した後,これらの画像を組み合わせて静止目標の信号を抑圧することにより,移動目標を検出する方式である.代表的な方式として, DPCA(Displaced Phase Center Antenna)方式とATI(Along Track Interferometry)方式が知られている.これらの方式においては,2つのアンテナ開口を用いて,各開口で受信された信号から再生された2枚の画像の位置あわせを実施した後に,前者は複素振幅の差分,後者は位相差を算出する.しかし,従来の方式では,SAR画像において不可避なアジマスアンビギュイティの成分が抑圧されずに残存してしまう問題があった.
本稿では3開口の信号を用いて静止目標信号成分とアジマスアンビギュイティ成分を同時に抑圧する方式を提案する.まず,信号モデルについてまとめ,アジマスアンビギュイティ成分については,画像の位置あわせ時に位相差が発生することを明らかにする.次いで,この信号モデルに基づき,静止目標信号成分とアジマスアンビギュイティ成分と提案方式を定式化する.最後に,航空機搭載KuバンドSARのフライト試験において取得したデータを用いて,提案手法の原理検証を実施し,提案方式の有効性を示す. 
(英) Conventional SAR-MTI (Synthetic Aperture Radar - Moving Target Indication) methods such as DPCA (Displaced Phase Center Antenna) and ATI(Along Track Interferometry) sometimes suffer from the azimuth ambiguities. In this paper, we first clarify that nuisance phase term introduced in the image registration process prevents the azimuth ambiguities to be sufficiently suppressed in the conventional methods. Then we propose SAR MTI algorithm that simultaneously suppresses azimuth ambiguities by using three along track apertures. The algorithm is tested with airborne SAR images acquired by our airborne Ku-band SAR system.
キーワード (和) 合成開口レーダ / SAR / 移動目標検出 / MTI / アジマスアンビギュイティ / DPCA / ATI /  
(英) Synthetic Aperture Radar / SAR / Moving Target Indication / MTI / DPCA / ATI / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 41, SANE2012-12, pp. 7-12, 2012年5月.
資料番号 SANE2012-12 
発行日 2012-05-11 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2012-12

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2012-05-18 - 2012-05-18 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy of Japan 
テーマ(和) リモートセンシング、EW技術、及び一般 
テーマ(英) Remote sensing, Electronic warfare technology and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2012-05-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アジマスアンビギュイティを抑圧する複数開口SAR-MTI方式とその性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SAR MTI Algorithm That Simultaneously Suppresses Azimuth Ambiguities and Its Performance Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合成開口レーダ / Synthetic Aperture Radar  
キーワード(2)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(3)(和/英) 移動目標検出 / Moving Target Indication  
キーワード(4)(和/英) MTI / MTI  
キーワード(5)(和/英) アジマスアンビギュイティ / DPCA  
キーワード(6)(和/英) DPCA / ATI  
キーワード(7)(和/英) ATI /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 啓 / Kei Suwa / スワ ケイ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 俊夫 / Toshio Wakayama / ワカヤマ トシオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-18 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-12 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2012-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会