電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-17 16:00
[ポスター講演]バッテリレス無線センサの残エネルギー適応スリープ制御の実験
井元則克三村智彦山本高至守倉正博京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 膨大な数の端末を収容する無線センサネットワークにおいて,メンテナンスフリーの観点から各端末はバッテリレスであることが望まれる.
これらのバッテリレス無線端末はエネルギーハーベスティングや無線電力伝送により給電され,キャパシタにエネルギーを蓄えつつ駆動すると考えられる.
マイクロ波給電は無線電力伝送の一つであるが,マイクロ波給電と通信とが干渉を起こすことがあるため,給電・通信のスケジューリングが必要である.
また,端末を安定に動作させるため,端末の持つキャパシタ内のエネルギーを一定に保つことが必要と考えられる.
本稿では初期検討として,太陽電池を用いて給電と通信を同時に行わない端末を実際に駆動させる.
さらに,端末は自身のエネルギーに応じてスリープ制御を行い,安定したエネルギーをキャパシタ内に保持する.
実験を行い,良好な特性が得られた. 
(英) In wireless sensor networks, batteryless nodes are required to be maintenance-free, because the networks have enormous number of nodes.
Wireless and batteryless sensors would be powered by energy harvesting or wireless power transmission, and store energy in capacitors.
Microwave power transmission is one of wireless power transmission schemes, and it needs scheduling of data transmission and power transmission
because the wireless power transmission interferes with the data transmission.
In addition, to ensure network sustainability, constant energy should be stored in the capacitors.
In the experiment, a node cannot be charged and do not communicate simultaneously to avoid interference. In addition it powered by solar panels.
Also, the node controls sleep period depending on the remaining energy, so that constant energy is stored in the capacitor.
キーワード (和) バッテリレス / センサ / スリープ制御 / 太陽電池 / 給電・通信スケジューリング / / /  
(英) batteryless / sensor / sleep control / solar panel / power charging and communication scheduling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 31, USN2012-6, pp. 49-52, 2012年5月.
資料番号 USN2012-6 
発行日 2012-05-10 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 USN AN IPSJ-UBI  
開催期間 2012-05-17 - 2012-05-18 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英) Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) フレッシュマン・セッション、ユビキタス・センサネットワーク、ユビキタス・システム、アドホックネットワーク 
テーマ(英) freshman session, ubiquitous sensor network, ubiquitous system, adhoc network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2012-05-USN-AN-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バッテリレス無線センサの残エネルギー適応スリープ制御の実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment for Monitoring of Lest Energy of Batteryless and Wireless Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バッテリレス / batteryless  
キーワード(2)(和/英) センサ / sensor  
キーワード(3)(和/英) スリープ制御 / sleep control  
キーワード(4)(和/英) 太陽電池 / solar panel  
キーワード(5)(和/英) 給電・通信スケジューリング / power charging and communication scheduling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井元 則克 / Norikatsu Imoto / イモト ノリカツ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三村 智彦 / Tomohiko Mimura / ミムラ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-17 16:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2012-6 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-USN-2012-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会