お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-14 15:10
シームレスな館内ナビゲーションとAR展示を実現するユーザ測位システム
大隈隆史牧田孝嗣石川智也興梠正克産総研)・Thomas VincentLaurence NigayUniv. Joseph Fourier)・蔵田武志産総研MVE2012-2
抄録 (和) 本稿では比較的広域な屋内環境においてユーザの状況に応じてARコンテンツを提示するシステムについて述べるとともに,ユーザの状況として主に用いられる,実環境におけるユーザおよび携帯端末の位置と姿勢の推定手法について述べる.開発しているシステムでは,想定する環境におけるナビゲーションに適する相対測位を実現する歩行者デッドレコニングと,表現力の高いARコンテンツ提示の実現に必要な画像に基づく位置姿勢推定手法を連携して屋内測位を実現している.二つの測位手法は相補的な関係にあり,連携させることでビジョンベーストラッキングの結果を用いての歩行者デッドレコニングの絶対位置・方位補正と、歩行者デッドレコニングによる現在位置・方位の絞り込みによりデータベースとのマッチングに必要な画像処理コストの低減が可能となる. 
(英) This paper describes a system that shows AR content for supporting user’s activities in indoor environment. We aimed to design contextual sensitive user interface for AR applications using AR widgets that help us develop user interfaces of AR systems. One of the most important information that can use for understanding user’s context is user’s position and orientation in the environment. Our system combines ego-motion tracking method based on Pedestrian Dead Reckoning (PDR) and Vision-based tracking method. These two methods are complementary each other because PDR can reduce the cost for matching with image data bases in the vision-based tracking, and once we can get the position information from vision-based tracking, we can correct the accumulative error of the PDR method.
キーワード (和) 歩行者デッドレコニング / ビジョンベーストラッキング / AR展示 / 館内ナビゲーション / / / /  
(英) pedestrian dead reckoning / vision-based tracking / AR exhibits / indoor navigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 25, MVE2012-2, pp. 23-28, 2012年5月.
資料番号 MVE2012-2 
発行日 2012-05-07 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2012-2

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2012-05-14 - 2012-05-15 
開催地(和) 東京工業大学すずかけ台キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) エンタテインメントのためのメディアとリアリティ (情報処理学会EC研究会と連催,VR学会アート&エンターテインメント研究委員会が協賛) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-05-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シームレスな館内ナビゲーションとAR展示を実現するユーザ測位システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ego-motion tracking system for seamless combination of indoor navigation and augmented reality exhibits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者デッドレコニング / pedestrian dead reckoning  
キーワード(2)(和/英) ビジョンベーストラッキング / vision-based tracking  
キーワード(3)(和/英) AR展示 / AR exhibits  
キーワード(4)(和/英) 館内ナビゲーション / indoor navigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大隈 隆史 / Takashi Okuma / オオクマ タカシ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧田 孝嗣 / Koji Makita / マキタ コウジ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 智也 / Tomoya Ishikawa / イシカワ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 興梠 正克 / Masakatsu Kourogi / コウロギ マサカツ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Thomas Vincent / Thomas Vincent / Thomas Vincent
第5著者 所属(和/英) Universite Joseph Fourier (略称: Univ. Joseph Fourier)
Universite Joseph Fourier (略称: Univ. Joseph Fourier)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Laurence Nigay / Laurence Nigay / Laurence Nigay
第6著者 所属(和/英) Universite Joseph Fourier (略称: Univ. Joseph Fourier)
Universite Joseph Fourier (略称: Univ. Joseph Fourier)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔵田 武志 / Takeshi Kurata / クラタ タケシ
第7著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-14 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2012-2 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2012-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会