お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-27 13:15
暗闇での物体追跡と画像復元
小室 孝埼玉大IE2012-8
抄録 (和) 本発表では,暗闇での物体追跡と画像復元を実現するため,ベイズ推定の枠組みを用いて対象の運動と参照画像を同時に推定する手法を示す.勾配を計算する際に,局所解に落ちないように,入力画像に強いローパスフィルタをかけた後に差分を取るようにすることで,より広い探索を行えるようにした.また,ぶれのある画像に対しては,運動推定により得られたパラメータを用いてぶれ補正を行うようにした.その結果,シミュレーションではPSNRが-6dBまでの動画像,実環境では被写体照度0.01lx以下の暗闇環境で撮影した動画像に対し,物体追跡と画像復元を行うことができた. 
(英) We show a method of realizing object tracking and image restoration in the dark in which target motion and a reference image are simultaneously estimated using a Bayesian framework. To avoid being trapped in a local minimum in the gradient calculation, a broader search is performed by calculating differences after applying a strong low-pass filter to input images. If the input images are blurred, deblurring is performed using the motion parameters obtained by motion estimation using blurred images. As a result, we realized object tracking and image restoration from simulated video images with an SNR of up to -6 dB and real video images captured in a dark environment with an illuminance of less than 0.01 lx at the subject surface.
キーワード (和) 画像合成 / ベイズ推定 / フレームレート / ぶれ補正 / / / /  
(英) Image synthesis / Bayesian estimation / frame rate / deblurring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 20, IE2012-8, pp. 41-46, 2012年4月.
資料番号 IE2012-8 
発行日 2012-04-20 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2012-8

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2012-04-27 - 2012-04-27 
開催地(和) 成蹊大学 
開催地(英) Seikei University 
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英) Image Processing and Coding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2012-04-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 暗闇での物体追跡と画像復元 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Object Tracking and Image Restoration in the Dark 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像合成 / Image synthesis  
キーワード(2)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian estimation  
キーワード(3)(和/英) フレームレート / frame rate  
キーワード(4)(和/英) ぶれ補正 / deblurring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 孝 / Takashi Komuro / コムロ タカシ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-27 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2012-8 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2012-04-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会