電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-20 09:30
Spatial and Temporal Resource Utilization in Cognitive Networks for Non-Real-Time Applications
Tetsuro UedaTakeshi KitaharaNorihiro FukumotoShigehiro AnoKDDI Labs.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) In this paper, we show one approach to increase the utility for non-real-time applications, especially for non-real-time video watching. Due to mobile data traffic explosion, it is hard to keep service quality for user-generated video sharing services. In addition, cellular operators can add base stations in the heavy loaded area, or overlay the up-to-date
wireless systems, such as LTE, etc, but these solutions requires investment cost. In order to keep service qualities for user-generated video sharing services under exploding data volume, the recommended items among user-generated video contents are pre-downloaded through spatial and temporal radio resource in cognitive networks. 
(英) In this paper, we show one approach to increase the utility for non-real-time applications, especially for non-real-time video watching. Due to mobile data traffic explosion, it is hard to keep service quality for user-generated video sharing services. In addition, cellular operators can add base stations in the heavy loaded area, or overlay the up-to-date
wireless systems, such as LTE, etc, but these solutions requires investment cost. In order to keep service qualities for user-generated video sharing services under exploding data volume, the recommended items among user-generated video contents are pre-downloaded through spatial and temporal radio resource in cognitive networks.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Cognitive radio / Spatial and temporal / Non-real-time application / Pre-download / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 9, CS2012-14, pp. 77-81, 2012年4月.
資料番号 CS2012-14 
発行日 2012-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) 石垣島官公労八重山会館 
開催地(英) Ishigakijima 
テーマ(和) サービス品質,クラウド,SDN(Software-Defined Network),コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Service Quality, Cloud, SDN (Software-Defined Network), Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-04-CS-CQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial and Temporal Resource Utilization in Cognitive Networks for Non-Real-Time Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) / Spatial and temporal  
キーワード(3)(和/英) / Non-real-time application  
キーワード(4)(和/英) / Pre-download  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 哲郎 / Tetsuro Ueda /
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 武 / Takeshi Kitahara /
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto /
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano /
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-20 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2012-14 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会