お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-20 12:35
健常者の血液に対する複素比誘電率と温度依存性との相関性
武田 明中部大/名工大)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2012-1
抄録 (和) 透析患者の透析時間の短縮・医療費の削減を目指し,透析の状況やクオリティのリアルタイムモニタリングの可能性を検討する目的から,血液を対象として開放終端型同軸プローブによる複素比誘電率のin-vitro測定を行っている.これまで,口径20 mm,深さ8 mmのシリンジを用いて,健常者を対象に,2.5 ml採血量の血液の複素比誘電率を開放終端同軸プローブで200 MHzから6 GHzの周波数範囲に亘って測定し,健常者の全血サンプル(25℃)に対する複素比誘電率の測定結果とGabrielデータ(37℃)と比較した結果、両者の周波数特性はほとんど一致していること,複素比誘電率の実数部は12℃も高いGabrielデータとよく一致しているが,その虚数部は3 GHz以下では周波数の低下と共にGabrielデータよりも小さくなっていること,3 GHz以上ではGabrielデータともよく一致していること,などがわかった. 本稿では,血液の温度依存性に着目し,健常者の血液温度を25℃から37℃まで変えたときの複素比誘電率を測定し,200 MHzから3 GHzの周波数範囲における複素比誘電率と温度との相関性の検定結果を示す. 
(英) For evaluating the quality of hemodialysis from the limited volume of human blood using a commercially available open-ended coaxial probe, we previously measured for 10 normal healthy subjects and 9 patients who require hemodialysis the dielectric properties of 2.5 ml whole blood with a temperature of 25 degrees centigrade in a syringe with a diameter of 20 mm and a depth of 8 mm. In this study, we measured the complex relative permittivity of water and human blood when changing temperature from 25 to 37 degrees centigrade in order to examine the correlation between them, and calculated their Pearson product-moment correlation coefficients for &#61541;rt&#61602; and &#61541;&#61602;&#61602; along with significant probability P based on a t-test. It should be noted that P is a reference probability to determine whether or not a null hypothesis can be rejected, and that the P value of 0.05 is commonly used as a significance level for a statistical test. As a result, it was found for the complex relative permittivity of water that there is approximately good agreement between the measured results and calculated ones from the Kaatze formula expressed as a function of temperature, and that strong correlations with P < 0.05 are also confirmed between the complex relative permittivity and temperature. For the human blood, on the other hand, we found that a strong correlation with P < 0.05 is observed between &#61541;&#61602;&#61602; and temperature, while there is not always significant correlation with P > 0.05 between &#61541;&#61602; and temperature.
キーワード (和) 開放終端同軸プローブ / 血液 / 複素比誘電率 / 温度 / 相関分析 / / /  
(英) Open-ended coaxial probe / blood / complex relative permittivity / temperature / correlation analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 12, EMCJ2012-1, pp. 1-5, 2012年4月.
資料番号 EMCJ2012-1 
発行日 2012-04-13 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2012-1

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2012-04-20 - 2012-04-20 
開催地(和) 金沢大学角間キャンパス 
開催地(英) Kanazawa Univ. 
テーマ(和) EMC, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2012-04-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 健常者の血液に対する複素比誘電率と温度依存性との相関性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Correlation between Complex Relative Permittivity and Temperature Dependence for Blood of Healthy Subject 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 開放終端同軸プローブ / Open-ended coaxial probe  
キーワード(2)(和/英) 血液 / blood  
キーワード(3)(和/英) 複素比誘電率 / complex relative permittivity  
キーワード(4)(和/英) 温度 / temperature  
キーワード(5)(和/英) 相関分析 / correlation analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 明 / Akira Takeda / タケダ アキラ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大/名工大)
Chubu University (略称: Chubu Uni)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 和之 / Kazuyuki Takata / タカタ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 豊田工業高等専門学校 (略称: 豊田高専)
Toyota National Colleges of Technology (略称: Toyota National Colleges of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 尋智 / Hirotomo Nagao / ナガオ ヒロトモ
第3著者 所属(和/英) 岩倉病院 (略称: 岩倉病院)
Iwakura Hospital (略称: Iwakura Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang / オウ ケンセイ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara / フジワラ オサム
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-20 12:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2012-1 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2012-04-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会