電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-20 09:50
複数アクセス制御混在ネットワークにおける干渉回避方式
高塚雄也三好貴弘山内尚久大塚 晃横谷哲也三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) テレメータリングや工場内のモニタリングなど,特定小電力無線を使用した大規模ネットワークにおけるデータ収集が注目を浴びている.これらのネットワークでは,IEEE 802.15.4で規格化されているPHY/MACが使用され,マルチホップにより広範囲,多数の端末からデータを収集する.しかし,このようなネットワークでは送受信するパケットが増加するため,全端末が自律分散的に動作している場合には干渉が増加する.一方,全端末が集中制御で動作する場合,全体の通信を制御するための処理負荷が増加する.そこで,GW (Gateway)付近は集中制御,周辺エリアは分散制御で通信させることで,パケットが集中するGW付近の干渉を軽減しつつ,処理負荷を軽減できると考えられる.しかし,集中制御と分散制御の境界付近における干渉は回避できない.本稿では,集中制御と分散制御の境界における干渉を回避する無線アクセス制御方式を提案し,シミュレーション評価により有効性を示す. 
(英) Large scale multi-hop networks using specified low power radio for the use of telemeter or power meter inside factories are researched. IEEE 802.15.4 specifies PHY / MAC for these networks and Gateway (GW) receives data from a lot of nodes. Collision around GW increases when all nodes communicate each other in distributed manner. To reduce these collisions, we consider the network that the nodes around GW work with centralized control, while the other nodes work with distributed one, but collisions between centralized control area and distributed control area are not reduced although the collisions around GW are reduced. We propose access control method to reduce collisions between centralized control area and distributed control area, and we evaluate our method by simulation.
キーワード (和) MAC / アクセス制御 / 特定小電力無線 / 集中制御 / 分散制御 / / /  
(英) MAC / Medium Access Control / Specified Low Power Radio / Centralized Control / Distributed Control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 9, CS2012-15, pp. 83-88, 2012年4月.
資料番号 CS2012-15 
発行日 2012-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) 石垣島官公労八重山会館 
開催地(英) Ishigakijima 
テーマ(和) サービス品質,クラウド,SDN(Software-Defined Network),コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Service Quality, Cloud, SDN (Software-Defined Network), Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数アクセス制御混在ネットワークにおける干渉回避方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference Avoidance Method for Multi Access Control Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MAC / MAC  
キーワード(2)(和/英) アクセス制御 / Medium Access Control  
キーワード(3)(和/英) 特定小電力無線 / Specified Low Power Radio  
キーワード(4)(和/英) 集中制御 / Centralized Control  
キーワード(5)(和/英) 分散制御 / Distributed Control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高塚 雄也 / Yuya Takatsuka / タカツカ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 貴弘 / Takahiro Miyoshi / ミヨシ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 尚久 / Takahisa Yamauchi / ヤマウチ タカヒサ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 晃 / Akira Otsuka / オオツカ アキラ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 横谷 哲也 / Tetsuya Yokotani / ヨコタニ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-20 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2012-15 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会