電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-20 11:40
4Kマルチ映像と6チャンネルエコーキャンセラを用いた超高臨場遠隔コラボレーションシステム
金 順暎仲地孝之江村 暁藤井竜也羽田陽一NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 低遅延かつ高信頼な4K60p JPEG2000伝送装置3台と,6チャンネルエコーキャンセラを組み合わせた3面遠隔コラボレーションシステムを実装した.提案システムは,複数の映像を1フレームの狂いなく同期して伝送できる他,4K60pの映像を片側遅延80msec程度で伝送することで,ストレスのない会話を可能とする.また高性能なマルチチャンネルエコーキャンセラを用いることで,より広い受聴エリアで,発話者位置に音像を定位させることが可能である.本システムを用いて対立的ディスカッションを行い,議論の質やユーザ満足度を主観評価した結果,現在の一般的な会議システムに比べ,互いの感情や場の雰囲気を共有し,ユーザ同士の協調性を高める傾向が確認された. 
(英) We developed a novel tele-collaboration system with low latency and high reliability by using three 4K 60p JPEG2000 video streaming systems and a 6-channel echo canceller. Our system enables to synchronize multiple video streams without one-frame delay and transmit 4K 60p streams with 80 msec of one-way latency, so that users can communicate with one another without unnatural pauses. Furthermore, our system can localize each user's speech at the position where he or she is displayed, by using a novel high-performance multi-channel acoustic echo canceller. We conducted a subjective assesment of our system through confrontational role-playing tasks and found that our system helps to share the feelings and atmosphere with other participants and enhances the cooperation among them.
キーワード (和) 遠隔コラボレーション / 4K映像伝送 / エコーキャンセラ / 超高臨場 / QoE / / /  
(英) remote collaboration / 4K video streaming / acoustic echo canceller / ultra-realistic communication / QoE / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 10, CQ2012-16, pp. 87-92, 2012年4月.
資料番号 CQ2012-16 
発行日 2012-04-12 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) 石垣島官公労八重山会館 
開催地(英) Ishigakijima 
テーマ(和) サービス品質,クラウド,SDN(Software-Defined Network),コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Service Quality, Cloud, SDN (Software-Defined Network), Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4Kマルチ映像と6チャンネルエコーキャンセラを用いた超高臨場遠隔コラボレーションシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Highly Realistic Collaboration System by using 4K Multi JPEG2000 Codecs and 6-Channel Acoustic Echo Canceller 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔コラボレーション / remote collaboration  
キーワード(2)(和/英) 4K映像伝送 / 4K video streaming  
キーワード(3)(和/英) エコーキャンセラ / acoustic echo canceller  
キーワード(4)(和/英) 超高臨場 / ultra-realistic communication  
キーワード(5)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 順暎 / Sunyong Kim / キム スニョン
第1著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Labs. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / ナカチ タカユキ
第2著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Labs. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 江村 暁 / Satoru Emura / エムラ サトル
第3著者 所属(和/英) NTT サイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyberspace Labs. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 竜也 / Tatsuya Fujii / フジイ タツヤ
第4著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Labs. (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田 陽一 / Yoichi Haneda / ハネダ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) NTT サイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyberspace Labs. (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-20 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-16 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会