電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-19 17:05
微小外力を含む4区分線形BVP発振器にみられる振幅死現象とカオスのメカニズムの解明-その2
篠塚吉正稲葉直彦明大)・関川宗久東大)・遠藤哲郎明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者らは前稿で,区分線形BVP発振器において,安定な平衡点と安定な弛張振動
解がわずかな距離を隔てて共存する場合があり,このような発振器に微小な外
力を印加すると,オシレーションデスやカオスなど非常に複雑な振る舞いが発
生することを明らかにした.そして,理想ダイオード型特異摂動を用いること
により諸現象の発生のメカニズムを解明することができることを明らかにした.
本研究では,初期値の与え方によって1-パラメータ分岐図の形状が
変化するという著しく興味深い現象を発見し,このメカニズムを明らかにする. 
(英) In our previous study, it was shown that a stable focus and a stable
relaxation oscillation coexist in close proximity in the state space
in a four-segment BVP oscillator, and that complex bifurcations such
as sudden change from chaos to oscillation death occur under extremely
weak periodic perturbation in such a oscillator. In this study, we
discover an interesting phenomenon where chaos generating regions is
changed by the choice of initial conditions, and we make such the
mechanism of the bifurcation structure clear by idealizing the $v-i$
charateristic of nonlinear conductance.
キーワード (和) 混合モード振動 / カオス / / / / / /  
(英) oscillation death / chaos / relaxation oscillation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 6, NLP2012-10, pp. 49-53, 2012年4月.
資料番号 NLP2012-10 
発行日 2012-04-12 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) いせシティプラザ 
開催地(英) Ise City Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微小外力を含む4区分線形BVP発振器にみられる振幅死現象とカオスのメカニズムの解明-その2 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mechanism of oscillation death and chaos in a weakly driven 4-segment piecewise-linear BVP oscillator Part2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混合モード振動 / oscillation death  
キーワード(2)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(3)(和/英) / relaxation oscillation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠塚 吉正 / Yoshimasa Shinotsuka / シノツカ ヨシマサ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 直彦 / Naohiko Inaba / イナバ ナオヒコ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関川 宗久 / Munehisa Sekikawa / セキカワ ムネヒサ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 哲郎 / Tetsuro Endo / エンドウ テツロウ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-19 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-10 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会