電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-19 10:30
Huygensの原理とくりこみ変換に基づく新しい自律分散的構造形成技術の提案
高木健志会田雅樹首都大東京)・高野知佐広島市大)・成瀬 誠NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,ネットワークの局所情報に基づいた自律分散制御により,ネットワーク上に階層構造を自律生 成するための空間構造生成アルゴリズムについての検討である.これまで,偏微分方程式の局所相互作用と解の関係 を利用することでネットワーク上に空間構造を生み出していたが,最近の研究で構造の漸近安定性保証技術を検討し た結果,多様な方法によってネットワーク上の空間構造を自律生成できる可能性があることがわかってきた.本稿で は特に Huygens の原理に基づいて構成する空間構造の簡易な自律生成技術を検討する. 
(英) This paper studies an autonomous distributed algorithm that can produce spatial structures in communication networks. We expect that such spatial structures can utilize to hierarchical network management by clustering. In our previous study, we utilized the relationship between local interaction and partial differential equation, but recent study has revealed that wide variety approaches might be possible to be applied. This paper propose new algorithm based on Huygens’ principle.
キーワード (和) 自律分散制御 / 構造形成技術 / 漸近安定性 / ホイヘンスの原理 / くりこみ変換 / / /  
(英) autonomous decentralized control / structure formation / asymptotic stability / Huygens’ principle / renormalization transformation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 10, CQ2012-2, pp. 7-12, 2012年4月.
資料番号 CQ2012-2 
発行日 2012-04-12 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) 石垣島官公労八重山会館 
開催地(英) Ishigakijima 
テーマ(和) サービス品質,クラウド,SDN(Software-Defined Network),コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Service Quality, Cloud, SDN (Software-Defined Network), Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Huygensの原理とくりこみ変換に基づく新しい自律分散的構造形成技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of New Autonomous Decentralized Structure Formation Based on Huygens' Principle and Renormalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散制御 / autonomous decentralized control  
キーワード(2)(和/英) 構造形成技術 / structure formation  
キーワード(3)(和/英) 漸近安定性 / asymptotic stability  
キーワード(4)(和/英) ホイヘンスの原理 / Huygens’ principle  
キーワード(5)(和/英) くりこみ変換 / renormalization transformation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 健志 / Kenji Takagi / タカギ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 誠 / Makoto Naruse /
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-19 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2012-2 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会