電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-19 12:00
長距離広帯域ネットワークにおけるフロー間帯域公平性を考慮したトラフィック制御方式
長谷川裕也馬場健一下條真司阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,長距離広帯域ネットワークにおいて高速に帯域を取得するように設計された高速転送プロトコルの研究が盛んに行われている.
しかし,複数の異なるプロトコルによるフローが競合した場合に,全体スループットの低下や,特定のフローが帯域を占有してそれぞれのフローの取得帯域の差が大きくなるなどの問題が発生する.
本稿では,長距離広帯域ネットワークにおいて,競合するフローの取得帯域公平性を目指すトラフィック制御方式を提案する.
提案方式では,ネットワークのエッジノードにおいてフロー毎にウィンドウサイズと往復伝送遅延時間を推定することにより利用帯域を把握し,目標とする出力帯域が得られるようパケット廃棄を行う.
シミュレーションにより提案方式の評価を行った結果,従来のトラフィック制御方式比べ,提案方式は,ある程度高いリンク利用率を維持しつつ,フロー間の取得帯域差を小さくできており,有効に機能することがわかった. 
(英) Recently, researches on high-speed transport protocols aimed to achieve high throughput in long-distance broadband networks are done widely.
However, when some flows with high-speed transport protocols coexist on a bottleneck link, total throughput may decrease, and the difference in throughput of each flow may increase, that is, a flow with specific protocol occupies bandwidth.
Therefore, we propose a traffic control method with an attainment of fairness among high-speed protocol flows in long-distance broadband networks.
Our proposed method calculates the allocated bandwidth by estimating a window size and round trip time per flow, and it also drops packets to adjust the window size to obtain the allocated bandwidth.
We valuated the efficiency of our proposed method through simulations.
As a result, we showed that it could allocate bandwidth fairly with retaining high throughput.
キーワード (和) 帯域制御 / 帯域公平性 / ウィンドウサイズ推定 / 往復伝搬遅延時間推定 / / / /  
(英) Bandwidth Control / Fairness os Bandwidth / Window Size Estimation / Round Trip Estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 9, CS2012-5, pp. 23-28, 2012年4月.
資料番号 CS2012-5 
発行日 2012-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) 石垣島官公労八重山会館 
開催地(英) Ishigakijima 
テーマ(和) サービス品質,クラウド,SDN(Software-Defined Network),コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) Service Quality, Cloud, SDN (Software-Defined Network), Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長距離広帯域ネットワークにおけるフロー間帯域公平性を考慮したトラフィック制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Bandwidth Control Method with Fairness of High-speed Protocol Flows in Long-distance Broadband Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域制御 / Bandwidth Control  
キーワード(2)(和/英) 帯域公平性 / Fairness os Bandwidth  
キーワード(3)(和/英) ウィンドウサイズ推定 / Window Size Estimation  
キーワード(4)(和/英) 往復伝搬遅延時間推定 / Round Trip Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 裕也 / Yuya Hasegawa / ハセガワ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 下條 真司 / Shinji Shimojo / シモジョウ シンジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-19 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2012-5 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会