お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-19 11:05
マイクロストリップ線路によるSパラメータ法用ジグの検討
笹森崇行中道勇太戸花照雄礒田陽次秋田県立大AP2012-4
抄録 (和) ダイポールアンテナやループアンテナといった平衡給電を行うアンテナの入力インピーダンスを不平衡な測定器であるネットワークアナライザを用いて広帯域測定する方法としてSパラメータ法が提案されている.この方法は,測定用ジグを接続した平衡給電アンテナのSパラメータをネットワークアナライザで測定し,計算によって入力インピーダンスの値を導き出す間接測定法の一種である.Sパラメータ法では測定用ジグが測定する波長と比較して無視できない長さになると,測定用ジグの影響を補正することが重要となる.本報告では,ジグの製作精度を高めることによりSパラメータ法の測定精度を高め測定周波数範囲を広げることを目的として,マイクロストリップ線路を用いた測定用ジグを製作する.これによりダイポールアンテナの入力インピーダンスを測定し,セミリジッドケーブルで製作したジグによる測定値やモーメント法による測定値と比較する. 
(英) Recently, the S-parameter method using a vector network analyzer and a measurement jig instead of a balun has been proposed whereby the differential impedance of an input impedance of a balanced antenna can be found. When the length of the jig cannot be ignored compared with the wavelength, correcting the influence of the jig becomes important. In this report, to improve the measurement accuracy and to expand the frequency range of S-parameter method, the jig fabricated by the microstrip line that can be produced with high accuracy is examined. The input impedance of the dipole antenna is measured with the jig, and it is compared with measured value using the jig made of the semirigid cable and calculated value using the method of moment.
キーワード (和) Sパラメータ法 / 平衡給電アンテナ / 入力インピーダンス / マイクロストリップ線路 / 平衡インピーダンス / / /  
(英) S-parameter method / balanced fed antenna / input impedance / microstrip line / balanced impedance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 7, AP2012-4, pp. 15-20, 2012年4月.
資料番号 AP2012-4 
発行日 2012-04-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2012-4

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-19 
開催地(和) 東北大学(片平さくらホール) 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロストリップ線路によるSパラメータ法用ジグの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of jig for S-parameter method using microstrip line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Sパラメータ法 / S-parameter method  
キーワード(2)(和/英) 平衡給電アンテナ / balanced fed antenna  
キーワード(3)(和/英) 入力インピーダンス / input impedance  
キーワード(4)(和/英) マイクロストリップ線路 / microstrip line  
キーワード(5)(和/英) 平衡インピーダンス / balanced impedance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 崇行 / Takayuki Sasamori / ササモリ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中道 勇太 / Yuta Nakamichi / ナカミチ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸花 照雄 / Teruo Tobana / トバナ テルオ
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 陽次 / Yoji Isota / イソタ ヨウジ
第4著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-19 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2012-4 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会