お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-19 16:15
抵抗で結合されたカオス回路ネットワークにみられるクラスタリング現象について
高丸裕司上手洋子徳島大)・オット トーマスチューリッヒ応用科学大)・西尾芳文徳島大NLP2012-8
抄録 (和) 本研究では,結合カオス回路ネットワークで観測されるクラスタリング現象について調査を行う.まず,カオス回路を2次元平面上に配置し,結合強度をカオス回路間の距離に応じて設定したときの同期現象について着目する.コンピュータシミュレーションおよび回路実験の結果,カオス回路の距離が近い場合は,同相同期になり,遠い場合は非同期になることを確認する.そして,結合カオス回路ネットワーク全体を,同期現象によって任意のクラスタに分割できることを示す.さらに,結合強度とクラスタの関係についての考察を行う. 
(英) In this study, we investigate clustering phenomena in coupled chaotic circuits networks. A coupling strength between the circuits is set to depend on the distance. We search that the coupled chaotic circuits network are formed cluster for synchronization when a chaotic circuits placed near distance. We investigate the synchronization phenomena caused by coupled chaotic circuits networks.
キーワード (和) クラスタリング / 同期現象 / カオス回路 / 複雑系ネットワーク / / / /  
(英) Clustering / Synchronization / Chaotic Circuit / Complex Networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 6, NLP2012-8, pp. 41-44, 2012年4月.
資料番号 NLP2012-8 
発行日 2012-04-12 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2012-8

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-04-19 - 2012-04-20 
開催地(和) いせシティプラザ 
開催地(英) Ise City Plaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 抵抗で結合されたカオス回路ネットワークにみられるクラスタリング現象について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Clustering Phenomena in Complex Networks Coupled with a Resistors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(2)(和/英) 同期現象 / Synchronization  
キーワード(3)(和/英) カオス回路 / Chaotic Circuit  
キーワード(4)(和/英) 複雑系ネットワーク / Complex Networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高丸 裕司 / Yuji Takamaru / タカマル ユウジ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) オット トーマス / Thomas Ott / オット トーマス
第3著者 所属(和/英) チューリッヒ応用科学大学 (略称: チューリッヒ応用科学大)
Zurich University of Applied Sciences (略称: ZHAW)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-19 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-8 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2012-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会