お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-13 14:25
[招待講演]コンテナ型データセンターの実現とそれにまつわる検討事項
堂前清隆インターネットイニシアティブIN2012-11
抄録 (和) 近年のクラウド型のコンピュータ利用の拡大に伴い,事業者が必要とするコンピュータリソースの増大が著しい。これに伴い、コンピュータの設置場所として利用されるデータセンターのありようが変化している.新しいデータセンターの方向性の一つである、コンテナ型データセンターについて、その取り組みを紹介するとともに、コンテナを用いることにより新たに考慮しなければならなくなった事項についても紹介する。 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) コンテナ型データセンター / モジュール型データセンター / クラウド / ファシリティ / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 4, IN2012-11, pp. 55-59, 2012年4月.
資料番号 IN2012-11 
発行日 2012-04-05 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-11

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2012-04-12 - 2012-04-13 
開催地(和) 京都府中小企業会館 
開催地(英) Kyotofu-Chusho-Kigyo-Kaikan 
テーマ(和) 情報家電ネットワーク,ホームネットワーク,スマートグリッド,省エネルギー,M2M,Participatory Sensing,モバイルネットワーク,ユビキタスネットワーク,および一般 
テーマ(英) Home network, Smart Grid, Saving Energy, M2M, Participatory Sensing,Mobile Network, Ubiquitous Ntework, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-04-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテナ型データセンターの実現とそれにまつわる検討事項 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Realization of Container Data Center and Related Consideration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテナ型データセンター /  
キーワード(2)(和/英) モジュール型データセンター /  
キーワード(3)(和/英) クラウド /  
キーワード(4)(和/英) ファシリティ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堂前 清隆 / Kiyotaka Doumae / ドウマエ キヨタカ
第1著者 所属(和/英) 株式会社インターネットイニシアティブ (略称: インターネットイニシアティブ)
Internet Initiative Inc. (略称: IIJ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-13 14:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-11 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.55-59 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IN-2012-04-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会