お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-04-12 13:55
要求頻度の偏りを考慮したスケーラビリティと負荷の平準化を両立する負荷分散手法の検討
栗田弘之高田直樹南 拓也山下高生阿川雄資NTTIN2012-2
抄録 (和) 大規模な要求を複数のサーバで処理するサーバ負荷分散方式の一つとして、コンシステントハッシュ法を用いた方式が知られているが、本方式をWebキャッシュサーバやDNSサーバのように、ハッシュ計算のキーとするドメイン名の要求頻度に大きな偏りがあるシステムにそのまま適用すると、サーバの処理量を均一に分散できない問題が発生する。そこで本稿では、キーを要求頻度に応じて分類し、分類したグループ毎に異なる負荷分散手法を単一のパラメータで適用可能な方式を提案する。提案方式のシミュレーションによる評価により、キーの要求頻度に大きな偏りがあり、コンシステントハッシュ法を適用できない状況においても、提案手法では合理的なサーバ数での負荷分散が可能であることを示す。 
(英) The consistent hash method is known as a load balancing method for the case where a large number of requests are to be handled by multiple servers. However, if the frequencies of requests for domain names, which are used as keys for the hash calculation, are unbalanced, as is the case with Web cache servers and DNS servers, it cause an uneven distribution of the load to servers. To solve this problem, this paper presents a load balancing system in which keys are classified into groups according to the frequency at which they are requested, and a different load balancing method is applied to each key group based on a single parameter. An evaluation of the proposed method using simulation has confirmed that the system can successfully balance the load on a reasonable number of servers in cases where the consistent hash method cannot be applied.
キーワード (和) 負荷分散 / コンシステントハッシング / 偏り / サーバ数 / 処理量 / / /  
(英) Load Balancing / Consistent Hashing / Unbalance / Number of Servers / Processing Load / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 4, IN2012-2, pp. 7-12, 2012年4月.
資料番号 IN2012-2 
発行日 2012-04-05 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-2

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2012-04-12 - 2012-04-13 
開催地(和) 京都府中小企業会館 
開催地(英) Kyotofu-Chusho-Kigyo-Kaikan 
テーマ(和) 情報家電ネットワーク,ホームネットワーク,スマートグリッド,省エネルギー,M2M,Participatory Sensing,モバイルネットワーク,ユビキタスネットワーク,および一般 
テーマ(英) Home network, Smart Grid, Saving Energy, M2M, Participatory Sensing,Mobile Network, Ubiquitous Ntework, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-04-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 要求頻度の偏りを考慮したスケーラビリティと負荷の平準化を両立する負荷分散手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Load Balancing Methods for Distribution Contains a Few Frequently Requested Keys and Many Rarely Requested Keys 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 負荷分散 / Load Balancing  
キーワード(2)(和/英) コンシステントハッシング / Consistent Hashing  
キーワード(3)(和/英) 偏り / Unbalance  
キーワード(4)(和/英) サーバ数 / Number of Servers  
キーワード(5)(和/英) 処理量 / Processing Load  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 弘之 / Hiroyuki Kurita / クリタ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 直樹 / Naoki Takada / タカダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 拓也 / Takuya Minami / ミナミ タクヤ
第3著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 高生 / Takao Yamashita / ヤマシタ タカオ
第4著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿川 雄資 / Yuji Agawa / アガワ ユウジ
第5著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-04-12 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-2 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-04-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会