お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-16 12:25
ソフトウェアセキュリティ知識体系化に関する研究動向
櫨山淳雄学芸大KBSE2011-75
抄録 (和) インターネット上でのサービスの増大に伴いソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている。これまでに数多くのソフトウェアセキュリティに関する技術開発が行われてきた。しかし、それらをどのように組み合わせて利用すればよいのかはまだ十分に明らかにされていない。そこで、本稿ではセキュアなソフトウェアを開発するための知識の概念モデルを提案し、各知識に関して技術開発されてきた実例の概要を紹介するとともに、知識間の関連を明らかにしている研究事例を紹介する。そして今後の方向性について議論する。 
(英) Importance for software security technologies has been recognized according to increase of services on the internet. A number of research and development regarding software security have been conducted thus far. However, it is not clarified how those technologies are combined in order to utilize them effectively. This paper proposes a conceptual model for a body of knowledge regarding software security. Then this paper introduces an overview of technologies developed for each knowledge and current status of research that has clarified the relationships between pieces of knowledge. Finally the author discusses a future direction of this field.
キーワード (和) ソフトウェアセキュリティ / 攻撃パターン / セキュリティパターン / 原則 / ガイドライン / 知識体系 / サーベイ /  
(英) Software Security / Attack Pattern / Security Pattern / Principle / Guideline / Body of Knowledge / Survey /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 489, KBSE2011-75, pp. 37-42, 2012年3月.
資料番号 KBSE2011-75 
発行日 2012-03-08 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2011-75

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2012-03-15 - 2012-03-16 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2012-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェアセキュリティ知識体系化に関する研究動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Survey on Body of Knowledge regarding Software Security 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェアセキュリティ / Software Security  
キーワード(2)(和/英) 攻撃パターン / Attack Pattern  
キーワード(3)(和/英) セキュリティパターン / Security Pattern  
キーワード(4)(和/英) 原則 / Principle  
キーワード(5)(和/英) ガイドライン / Guideline  
キーワード(6)(和/英) 知識体系 / Body of Knowledge  
キーワード(7)(和/英) サーベイ / Survey  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 淳雄 / Atsuo Hazeyama / ハゼヤマ アツオ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-16 12:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2011-75 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2012-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会